突然ですが・・・みなさんは【トレーニング】と言うと、

どんなイメージをお持ちですか?・・・

 

TV等で、よく見かけるのは、トレーナーさんや訓練士さんが

愛犬のお困り行動を解決する!なんてシーンが良く見られますね。

お困り行動が出た瞬間に大きな音を出す・・・天罰方式や

以前、NHKでは、体罰まがいの方法が流されて大きな議論に

なったことも・・・

 

要するに、トレーナーさんや訓練士さんが、愛犬のお困り行動に

直接関わっていくイメージですかね?

ま〜TVですから、劇的な変化を見せて・・・「すご〜い!」なんて

感動したり・・・

 

でも・・・そのワンコ達は、その後どうなったんでしょうか?・・・

あのワンコさん達・・・今どうしているんだろうね?

幸せなら良いんだけどね〜・・・

 

自分たちトレーナーや、訓練士と言われる人達は、犬という生き物の特性や

その扱い方等に関して、勉強してきましたし、今も続々報告される

研究内容に関して、勉強が続けられています。

なので、当然ですが、一般の飼い主様よりは、飼い主様がお悩みになる

愛犬の行動を改善に向けることは上手だと思います。

 

でも・・・よ〜く考えてください。

愛犬と十数年、生活を共にするのは飼い主様ご自身です。

トレーナーや訓練士は、その中の、ほんの僅かな時間しか関わることが

ありません。

ハナちゃんもすっかりおばさん顔になってきましたね〜!

もう7歳半ですから・・・

 

なので、トレーナーや訓練士が、その場で見事!愛犬のお困り行動を改善して見せる

ことには、それほど大きな意味は持ちません。

よく聞かされるのが、「トレーナーさんの前ではイイコなんですけど・・・」です。

あんた達は、誰の前でもイイコさんできますか?

 

自分が考えている【トレーニング】とは・・・

愛犬のお困り行動の原因を知り、その解決方法を飼い主様と一緒に実践する

ことです。もちろん、お困り行動そのものを収めることもお見せしますが、

ポイントは、飼い主様が、そのように行動できるようにすることです。

 

犬という生き物に対して、正しい向き合い方を知る・・・決して難しいものでは

なく、基本さへ理解出来れば簡単なこと。

 

飼い主様が、愛犬に対して正しい向き合い方を知り、振る舞い方が変われば

愛犬の行動はおのずと変わっていくんです。

 

先日、お客様から・・・

「〇〇ちゃんがトレーニングを受けているんじゃあなくて、私が

トレーニングを受けているみたいですね!」・・・と言われました。

 

そう!それが正解です。

飼い主様ご自身が、愛犬に様々なことを教えられるようになること

(愛犬の欲求を理解し、できる範囲で満たした上で)

それが、トレーニングの目的です。

 

 

 

 

最近、こんな問い合わせが増えています。

「トレーニングって、何をするんですか?・・・」

「トレーニングって必要な事なんですか?・・・」

 

そうですね〜・・・ご依頼のほとんどは

「〇〇で困っているんですけど、治せますか?」とか、

「仔犬を迎えたんですけど、しつけってお願いできますか?」

なんですけど、その中に、トレーニングそのものについての

必要性を聞きたいという飼い主様が増えてきたのかな?・・・

 

そんな質問に自分の答えは・・・(あくまでも自分自身の考え方です)

《愛犬と飼い主様との関係を再構築(仔犬の場合は構築)し、

お互いが笑顔で生活できるようにすること。トレーナーは

そのお手伝いをします》・・・と、なります。

笑顔の写真いただきました!

ジャックラッセルテリアの女の子!

 

ちなみに・・・愛犬のお悩み行動にお困りの飼い主様にも

《愛犬と飼い主様との関係を再構築!・・・》が、主題になります。

 

「じゃあ!家の子は良い子だからトレーニングは必要ないわ!」

そうかも知れませんね!・・・でも・・・最大のポイントは・・・

《愛犬と飼い主様が【お互いに】笑顔》と言うことですよ。

一方の要求に対し、一方が我慢し続ける!のではなく、

お互いがお互いを理解し、協調・協力する!そのことで、お互いが

幸せに暮らせると考えることが重要です。

名前は『ニコちゃん』・・・お名前通り最高の笑顔です

キャバプーの女の子!

 

犬という生き物の、生得的欲求を理解出来ていますか?

その欲求を(出来うる範囲)満たすために、何が必要ですか?

愛犬の生活環境は、愛犬のストレスを最小限に抑える工夫がされていますか?

愛犬に正しく(理解出来るように)物事を伝えていますか?

愛犬のお困り行動に対して、正しく対応出来ていますか?

(体罰はダメ!逆効果!・・・制止しているつもりが、逆に煽っていることも・・・)

愛犬のストレスサインを見逃さないで!

 

そんなことをご理解いただいた上で、愛犬と飼い主様のコミュニケーションを

高める目的で、【基本動作】のトレーニングを行います。

 

細かい部分で濃淡はあるものの、概ね全てのトレーニングはここから始まります。

 

その後の具体的なお悩み行動への対応は、愛犬によって千差万別!

ご紹介が可能なら、個別の報告でお知らせしますね。

お馴染みの3ポメ兄弟です。お散歩練習の後に

はいチーズ!・・・笑顔いただきました!

 

ネットを含め、同業の中でも、トレーニングの意味・意義を様々に用いています。

そんな中で《Wan!One!わんだふる》は『愛犬も飼い主様も笑顔で・・・』

愛犬との十数年の生活が納得して遅れるように!

その手段として、トレーニングという言葉・方法を使っています。

 

 

確か・・・初詣に行って、おみくじを引いたら・・・大吉!

「今年は良いことがたくさんありそう!」・・・なんて

思っていたのですが・・・

 

2020年が始まってから1ヶ月半程度ですが、悩ましい

ことが次々に・・・

 

地元桶川の、とある広場・・・ご近所のワンコ達が集合して

遊ぶお散歩コースがあります。多い時には20家族以上!

少ないときでも5家族程が集まって、たくさんのワンコ達と

楽しい時間を過ごすことができます。

程度の良いワンコばかりなので、ご依頼頂いた

社会化トレーニングに使わせてもらうことも度々・・・

 

我が家の2匹達も、5年ほど前から遊びに出かけています。

ワンコの社会性は目を見張るものがあり、たくさんの

ワンコの中に、キチンとしたリーダーぶりを発揮しているワンコが!

決して威圧的な態度を取るわけでは無いのですが、

他の全てのワンコ達が一目置いていることを感じさせます。

もちろん、そのワンコに乱暴な振る舞いをするワンコもいません。

ワンコ同士の諍いが起きると、その親分ワンコがすぐさま仲介に

入ります。

人には真似できない、ワンコ世界での親分振りに感心させられたものです。

昨年暮れには、我が家にお泊まりも・・・

真ん中に鎮座するのが、地域の親分犬です

 

今年に入り、その親分が体調を崩し・・・かなりの高齢なので

やむを得ないと言えばやむを得ないのですが・・・

急激な体力の低下に、時代の変化を感じざるを得ません・・・

 

そんな折り・・・その広場で長年とても仲良くしていた柴ワンコ・・・

保護犬でしたが、素晴らしい飼い主様に出会って、幸せに過ごしているのに・・・

重い病気に罹っていることが判明しました。

とても穏やかな柴犬さん!我が家の2匹とも

大の仲良しなんです

 

ワンコを迎える時に、必ず覚悟しなくてはいけない現実なのですが・・・

遅かれ早かれ、必ず別れが訪れます・・・

 

まだ、健気に広場を訪れてくれる2匹のワンコですが、

「今日も会えて良かったね!」を忘れずに伝えています。

みんな早く元気になって!北本の氷川神社で

お願いをしてきました。

 

今日の1日と同じ1日はありません。我が家のワンコとの1日はもちろん、

トレーニング中のワンコとそのご家族様、そしてたくさんのお友達ワンコたち!

出会えた1日1日を丁寧に過ごしたいな〜・・・

そんなことを改めて感じさせる出来事です。

 

暖かい日が続きますね〜・・・本当に!

トレーニングメニューにお散歩がたくさん含まれるので

暖かいのは助かるんですけど・・・

 

先日、Gレトリーバー 7ヶ月 女の子のトレーニングが一段落。

無事卒業なので「〇〇ちゃん!今日までありがとう」と言葉を

かけて家を出ようとして所・・・

なんとも・・・寂しそうな顔でこちらを見上げています。

飼い主様からも「こんな顔する〇〇は、今まで見たことがない」と・・・

(永遠というわけでは無いけど・・・)今日で終わってしまうことを

分ったのかな?・・・

飼い主様からは、ありがたい感謝のお言葉をいただき

嬉しいお別れなのですが、毎週会っていた「〇〇ちゃん」と

会えなくなることは寂しいかぎりです。

寂しさを紛らわすために、大好きな公園にお散歩なのだ!

「とーちゃん、どうしたの?なんか元気ないよ!」

 

最初に飼い主様からご相談があったのは・・・

「5ヶ月のゴールデンを迎えたんですけど・・・暴れん坊で、手が付けられない」

お母さんは、半ノイローゼ気味だとか・・・

 

早速お伺いして様子を拝見すると・・・さすが大型犬のパピーです。

小型犬のパピーも賑やかですが、基本的なパワーが違います。

 

そう言えば、ご近所でゴールデンを育てている飼い主様も

「迎えた時は暴れん坊で、そんな犬捨ててこい!と夫婦げんかも度々・・・」

なんてお話しも聞きました。

 

ご依頼いただいた飼い主様に、そんな話しもしながら

《望ましくない行動への対処方法》《望ましい行動の引き出し方》

《愛犬とのコミュニケーションの取り方》等々をお伝えし、

室内では、だいぶお悩みが無くなってきました。

 

実は一番の心配は「生後5ヶ月」ということで、社会化の問題でした。

それも飼い主様の努力で、概ね成功!

《ピンポン吠え》や《お散歩中の吠え掛かり行動》等の心配も

ありません。

 

まだ7ヶ月という若犬なので、外の刺激に興味津々。

お散歩に若干の難は残しますが、経験を積めば大丈夫!

とーちゃん!やっぱ、元気ないよ!

あたいが慰めてあげるよ!・・・

 

人なっつこい素振りと笑顔!小型犬では体験できない本気のプロレスごっこ!

チョット反抗期的な態度を見せたり、学習能力の高さに驚かされたり・・・

たくさんの顔をみせてくれた「〇〇ちゃん」本当にありがとうね!

そして、こんな経験をさせていただいた飼い主様ご夫婦にも

感謝!感謝!です。

 

 

ビックリするほど、今年の冬は暖かいですね〜!

昨年は、朝の散歩は氷点下!なんて日がたくさんあったのに、

今年は・・・2〜3日くらい・・・この暖かさが、この後の季節に

悪影響を及ぼさないことを祈るばかりです。

 

さ〜て、こんなに暖かい冬だというのに

我が家の2匹は「散歩に行くよ〜!」と言っても・・・シラ〜・・・

「ご飯だよ〜!」と言っても・・・シラ〜・・・

「ただ今!帰ってきたよ!」と言っても・・・シラ〜・・・

前回のブログにも書きましたが、何とも無感動!・・・トホホです。

なにやら、背後から熱い視線が・・・

 

 

思い返せば、我が家の初代愛犬は、MIX犬で名前は『チロ』完全外飼い!

ネギ・タマネギの入った味噌汁をかけたご飯はもちろん、

たまに食べるすき焼きの汁なんか、最高のご馳走でした。

 

2代目は、柴犬の『茶々丸(女の子)』・・・外飼いで一度脱走したので、

それ以後は室内飼い。

夫婦共稼ぎで留守番の時間が長く、お散歩もチョットだけ・・・

今では当たり前になっている、夏・冬の室内温度管理なんて関係なし。

なので、自分で過ごしやすい場所を探して寝ていました。

 

そんな酷い飼い方でしたが・・・

「お散歩に行くよ〜!」と言えば・・・ヒャッホー!と大喜び

「ご飯だよ〜!」と言えば・・・待ってましたとばかりに大興奮

「ただ今!帰ってきたよ!」・・・と言えば、尻尾を通り越してお尻をフリフリ

しながら大歓迎してくれたものです。

要求吠えはしませんが・・・必殺!要求チョイチョイが・・・

 

同じ家庭犬で、同じ飼い主が育てたのに、なんでこんなに違うんだろう?

 

キーワードは《当たり前》《我慢》ですかね?

一度でダメなら二度・三度・・・

 

初代・2代目の時は、犬との向き合い方なんて、全て自己流!

仕事も忙しく、帰宅時間はまちまちで、お散歩もまちまち・・・

要するに・・・我慢・我慢の連続で、たまに訪れる楽しみが何倍にも

感じられたんでしょうね。

 

それに対し、今の『ハナ・ポッキー』・・・犬の勉強をっぱいして、

犬の生活ペースも考えながらの仕事作り。過度なストレスを与えない

ように、散歩も食事も考えて・・・そんな生活が当たり前になっているん

ですかね?まるでありがたみを感じませんが・・・

 

こんな贅沢が、初代・2代目に知られたら・・・怒られますね〜

ゲットしたのは、とーちゃんの膝の上!

これでこの行動は、みごとに強化されましたとさ。

 

しかし、育てる環境によって、ここまで違うワンコの性格が出来上がります。

すごいですよね!ワンコの対応力って!

この柔軟な環境への対応能力こそが、ワンコをここまでの成功者に導いた理由です。

 

人と共に生きることを選択し、人の生活環境に順応し、自らを変化させていく!

身近な出来事から、ワンコの進化を実感させてもらいました。・・・

【ワンコの進化!あっぱれ!】です。

 

 

 

「お〜い!お前ら!散歩に行くぞ〜!」

「・・・ ・・・ (完全に無反応)」

「ほら、散歩行かないと《シッコもウンチクン》もしないんだから!」

「寒いから・・・今日は行きたくない!」とでも言っているような表情で

見つめてきます。

「とーちゃん!まじっすか?」

「外は寒いので拒否します!拒否権発動中」

 

「はいよ!ご飯にしようぜ!」

「・・・ ・・・(ほぼ反応無し)」

「ほら!ご飯できたぞ!」

「あっそうですか・・・パクリパクリ・・・」

 

トレーニングに行って、ワンコ達の様子を聞くと、《お散歩・ご飯》の合図で

大はしゃぎなのに・・・なんでお前らは・・・

 

とーちゃん・かーちゃんが、ほぼ決まった時間に帰宅すると・・・

お迎えどころか、見向きもしません。

「猫だってお出迎えするのに、お前らと来たら!」・・・我が家の

かみさんはご立腹です。

 

ところが、ところが・・・

我が家では、洗濯機をまわすのが週に3回くらいかな・・・

洗濯が終わり、2階に干しに行くとき・・・

「さ〜てと!(干しに行くか)」と声が出てしまうのですが

すると・・・それまで爆睡中だった『ポッキー(トイプー)』が

ガバッ!と立ち上がり尻尾をブンブン!

急いで2階に駆け上ります。それを見た『ハナ(柴)』も

仕方なく追従・・・

ちなみに、それ以外の場面では、ほぼ2階に上がることは無いのですが・・・

パジャマ姿で失礼!

洗濯もの干すのが、なんで楽しみなの???

 

また・・・今は亡き、先輩犬『茶々丸(柴)』の月命日が12日!

その日は、庭に出て、『茶々丸』の墓前で手を合せるしきたりが・・・

「チャーさん行くか?」・・・と声をかけると・・・テンションUP!

急いで玄関に向かい、外に出ていきます。

ちなみに、この場面以外、勝手に玄関を出ない2匹なのですが・・・

「チャーさん」の声で・・・耳がぴん!目がキョロキョロ!

この後、急いで玄関に向かいます

 

またまた・・・2ヶ月に1回のトリミングの日!

「チャポチャポだぞ!」・・・すると『ハナ』がいきなりプレイボゥのポーズ・・・

「ワン!」と一鳴きして逃げ回り、『ポッキー』もつられて猛ダッシュ!

ちなみに、逃げる!という行為は、それ以外に見たことありません・・・

 

不思議ですよね〜・・・

毎日の出来事に馴れる(お散歩・ご飯・決まった時間の帰宅 等)のは

ご不満な態度ながらも理解出来るのですが

3日に1回(洗濯干し)・月に1回(月命日)・ましてや2ヶ月に1回(トリミング)の

出来事にも、決まって反応します。しかも、日常には見られない態度で・・・

 

ワンコの記憶力・学習能力は、まだまだ未知の世界!

不思議で楽しいことが溢れていますね。

 

悪いことでも良いことでも・・・勝手に学習が進むようです。

飼い主の皆さん!愛犬の学習能力を馬鹿にしないで!

日々の言動・行動に気をつけて行きましょう!

2020年のスタートは・・・

1月2日 家族全員(もちろんハナ!ポッキー!も)で

近所の氷川神社へ初詣!

おみくじを引いたら・・・なんと!【大吉】

今年は良いことがたくさん起こりそう!期待でワクワクです。

 

お正月気分も終わり、最初のお仕事始めは・・・

以前トレーニングを行った『ちゃま君』(Mダックス)

『ちゅらちゃん』(ポメラニアン)の《お泊まりトレーニング》から

スタートです。

ご家族様から溺愛されて、よく吠えちゃう2匹でしたが

我が家の雰囲気にも慣れ、《お泊まりトレーニング》も無事終了!

一緒に過ごした我が家の愛犬『ハナ』『ポッキー』も

ご苦労さんでした。

お散歩も楽しくできました〜!

また遊びにオイデね!

 

出張トレーニングの仕事始めは『マーリーちゃん』(Gレトリーバー)。

生後6ヶ月を過ぎ、自我が芽生え始め、チョット生意気になる年頃。

ですが・・・これまでのトレーニングで飼い主様が頑張ったおかげで

室内での振る舞いには、ほぼ問題が無くなりました。

飼い主様のホッ!とした表情・笑顔が嬉しい限りです。

 

残すは、協調してお散歩が出来るようになることだね!

興味があるものに対し、立ち止まったり、急いだ結果リードを

引っ張ってしまう行為は、並のワンコレベルなので特別な

問題では無いのですが・・・なにせGレトリーバー!大型犬のパワーは

馬鹿に出来ません。

我を忘れて勢いよく突進!なんてことが起こらないよう

飼い主様に注意を払いながら歩く・・・そんな練習を加えていきます。

良いですね〜!レトリーバーのこの笑顔!

棒切れと一緒に幸せを運んできました!

 

『マーリーちゃん』が猫に反応!立ち止まって、ジッと見つめました。

「そこ!褒めて!」・・・追いかけずに見つめただけ!それ望ましい行動です

「ヨシ!マーリー!イイコ!」・・・声をかけられて『マーリーちゃん』が

振り向きます・・・「そこも褒めるポイントです!」・・・「ヨ〜シ!イイコ〜!」

オヤツをパクリ!・・・「さ〜!行こう!」ポジティブな声かけで歩き始めます。

 

こんなことを繰り返していけば、興味を持ったものを追いかける行動は

減っていきますね。

 

リードが緩んだ状態で歩いていたら「ヨ〜シ!イイコ〜!」

飼い主様をチラッと見上げたら「ヨ〜シ!イイコ〜!」

足拭きでおとなしくしている時に「ヨ〜シ!イイコ〜!」

オモチャを持ってきたら「ヨ〜シ!イイコ〜!」

オモチャを口から離したら「ヨ〜シ!イイコ〜!」

基本動作の練習中も「ヨ〜シ!イイコ〜!」の雨あられ!・・・

『オスワリ・マテ』なんて、もう簡単!

「私は天才なので・・・」byマーリー

 

愛犬が人間社会で安心して安全生活していくために

《望ましい行動を褒め言葉とオヤツ(報酬)でマークする》方法です。

望ましい行動が定着してくれば、おのずと望ましくない行動は影を

潜めていく!そんな効果が期待できます。

 

が・・・それよりも・・・褒めている飼い主様そのものに・・・

笑顔が増えていませんか?・・・

飼い主様の笑顔は、飼い主様ご自身はもちろん、愛犬にも幸福感を

もたらします。

 

それがトレーニングの一番の狙いなんですけどね!

 

 

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

2020年が、皆様にとって幸多き年になりますよう、

心からお祈りしております。

元旦の朝は冷え込みました!

我が家の2匹は・・・あらあら・・・ヒーターの前で

暖を取っています

 

さ〜て、新年1発目のテーマは・・・

そうですね!昨年1年を振り返りつつ、2020年の抱負を

考えてみようかな〜・・・

お〜い!今年最初のお散歩だよ〜

「寒いのでお手柔らかに」byハナ・ポッキー

 

昨年のトレーニングで気になったことは、

【多頭飼いの飼い主様からのご依頼が多かった】こと

【間違ったネット情報に踊らされた飼い主様が多かった】こと

ですかね〜・・・。

 

例えば・・・複数の愛犬に対して《吠える》行動にお悩みの場合・・・

「怖い!から吠えている」場合と

「縄張りを守ろうとして吠える」場合では、理由も異なるし

対処方法も異なりますよね!

それを・・・《無駄吠え》と一言で称して、無駄吠えの多い犬には

【吠えた瞬間に大きな音で脅かす!】なんて方法や

もっと酷いと【電気ショック首輪】の装着を勧めるような情報を

信じて実行してしまう!なんて場合があります。

 

チョット待った!

愛犬達は【吠える理由が違う】し【吠えている心理状態も違う】んですよ。

怖がっている愛犬を《更に怖がらせたり》、犬として正しい反応

(縄張りを守ろうとする行動)をしている愛犬に《体罰を使って(電気

ショック首輪は体罰以外のなにものでもありません)止めさせよう》と

する行為はいかがなもんでしょうか?

 

《怖がって吠えている愛犬には》・・・【自分(飼い主様)が一緒だから

怖がる必要は無いんだよ!】ということを教え、《縄張りを守ろうとして吠えている

愛犬には》・・・【教えてくれてありがとう!もう吠えなくて大丈夫だよ!】という

ことを教えれば良いんですね。

 

でも、ここで悩みが・・・【恐怖・体罰】を使って行動を変える方法は、

方法論は間違っていても、うまくいった場合に劇的な変化が生まれる

可能性があります(副作用は無視してですが・・・)。

それに対し、【原因を取り除き教える】方法は、愛犬の一生を通して

行っていく方法なので、劇的!・・・というイメージはありません。

お散歩から帰ってきたら・・・ご飯の時間です

「うんめ〜な〜!とーちゃんご飯の腕あげたね!」

 

《吠える行動が激しすぎる》という行動修正は勿論ですが、

その行動修正を通して、《飼い主様と愛犬との関係を再構築》して、

お互いが協調して生活する方法をお伝えしていくことが

『wan!one!わんだふる』のトレーニング方針なんです。

 

なので、お伝えし、ご理解いただき、実践方法を学んでいただくのに

時間がかかってしまう・・・う〜ん・・・

それが多頭飼いだと、顕著に表れてしまった!これが昨年の課題でした。

 

今年も、基本方針は変えることはありません。でも・・・

飼い主様のご負担を減らすためにも、時間短縮は必須です。

ご飯を食べたら・・・日だまりを求めて・・・

お〜い!怠け犬達!番犬はしないのかい!

「とーちゃんがいるから安心です・・・グースカピー」

 

時間短縮のためには・・・自信のスキルアップ!が求められます。

う〜ん・・・ありきたりだけど・・・

今年の抱負は『学び!』ですね。

飼い主様と愛犬の笑顔!もっともっと増やすために『謙虚に学び続ける』

そんなことを意識した1年にしたいと思います。

 

も〜い〜くつ、ね〜る〜と〜・・・

早いですね〜!早い!速い!早い!

 

本日は12月24日・・・おじさんにはあまり馴染みは無いけど

今日はXmas!我が家では、愛犬『ハナ』と『ポッキー』の

ためにケーキを買って記念写真をパシャリ!

そんな儀式も今年で7回目!

う〜ん・・・我が家の愛犬達もすでに7歳・・・アラフィフ!

といったところでしょうか?・・・

 

本日も元気に朝のお散歩へ・・・

途中でゴールデンの『ハルちゃん』に遭遇!

『ハルちゃん』のお母さんから・・・「今日はハルの誕生日なんです!」

とご報告!・・・「へ〜Xmasが誕生日なんだ!これなら忘れないね!」

「ところで・・・ハルちゃんは2歳になったのかな?」

「いえいえ!もう4歳なんです!」・・・「えっ!4歳?」・・・

お散歩の途中・・・富士山が綺麗だったのでパシャリ!

富士山ちっちぇ〜!

 

小ぶりなゴールデンでも、我が家の愛犬達からすれば《大きな怪物!》

出会った頃は陽気なはしゃぎぶりに飼い主様も四苦八苦!

人が大好きで、撫でてもらうと・・・所構わずゴロンとお腹を出して

撫でて!撫でて!と甘え放題!

「こんな所で寝転んだら、洗濯するの大変だよ!」

そんな注意もよそに、『ハルちゃん』の笑顔は満開です。

 

そんな『ハルちゃん』が、もう4歳!立派なレディになっちゃったんだ!

「あっという間に4歳になっちゃって・・・」

「早いですよね〜・・・うちのはもう7歳ですから・・・」

「この先が心配で・・・ワンコは歳を取るのが早いから・・・」

 

ですよね〜・・・決まっていることとは言え、愛犬を看取るのは

飼い主の最も辛い責任です。必ずや訪れる別れを考えると・・・

 

そう言えば、先日お邪魔した、Mダックス『チャマ君』・ポメ『チュラちゃん』の

飼い主様も、同じようなことを感じていたな〜

愛犬を大切に育てている飼い主様にとって、共通で最大の悩み事です。

そんな意味では、愛犬はなんとも親不孝ですね。

飼い主様が溺愛中の『チャマ君』『チュらちゃん』

今度、お泊まり練習に来るんだって〜

 

幼犬の頃は、賑やかすぎて苦労して、生後半年を過ぎれば思春期に悩まされ、

落ち着いて来るのは3歳くらいになってからかな〜・・・

4〜5歳にもなれば、昼間は家の中でグースカピー・・・本当によく寝てます。

賑やかで、元気過ぎたあの頃が懐かしくもなります。

お〜い!どこで寝てんだよ〜!

ハナは日だまりを求めてゴロゴロの毎日です

 

手がかからなくなって楽なのは良いけど・・・

《あんまり急いで歳をとらないで・・・もっとゆっくり歳を重ねようね》

 

なんかしんみりしちゃいました!

 

よ〜し!今日はXmasだ!

お前らのために、とーちゃんが【スペシャルスープ】を作ってあげますよ!

ケーキとスペシャルスープでパ〜ット!楽しんじゃおうぜ!

 

それじゃあ、買い物に行ってくるよ〜!

12月も中盤を迎え、あと10日もすればクリスマス!

昨年も書いたけど・・・クリスマスには気をつけて!

愛犬を迎え、愛犬と生活を共にすることは、子育てと一緒。

大変な苦労がついて回るはずです。それでも、それ以上の

幸せを運んできてくれる愛犬達!

苦労を考えずに、「クリスマスプレゼントだよ!」なんて

安易にワンコを迎えないでね。

くれぐれもお願いします!いい加減なペットショップの

販売トークに騙されないように!

へ〜あんた達、寒くなると同じベッドで寝るんだ?

あたしゃ迷惑なんだけどね!・・・byハナ

こんな姿にも癒やされますね〜

 

さて、こちらの覚悟がしっかりして、愛犬を迎え、信頼関係を

結んだと思っていても・・・

【飼い主様に対して、威嚇する・噛む】というお悩みが増えてます。

普段はとってもイイコなのに!・・・

対処の方法は、何回か前のブログに書きましたが、

そこに書けなかった注意点をいくつか・・・

 

大前提は・・・愛犬にとって嫌なことはしないです(注意 法

ワンコの個性は様々です。撫でられるのが嫌いなワンコ!

抱っこが嫌いなワンコ!・・・その逆に大好きなワンコもいます。

まずは、ご自分のワンコは何が好きで何が嫌いなのかを見極める

必要がありますね。

ワンコは我慢強いので、多少の嫌なことは忍忍・・・我慢してくれますが、

それが恐怖・警戒に強く結びついてしまうと・・・我慢の限界!

その恐怖から逃れようと、威嚇・噛むの行為に移ります。

また、過去のトラウマが、その行為を誘発することもあるのでご用心!

 

でも・・・(注意 砲伴┐靴燭里・・・

【嫌なことでも、やらざるを得ない】ことがありますね。

代表的には・・・ブラッシング・爪切り・歯磨き・耳掃除 等々のお手入れです。

飼い主様からすれば『愛犬のため!』ですが・・・

愛犬からすれば『ナンデそんなことするの?』的な感じかな?・・・

 

なので、【愛犬にとって嫌なことでも、愛犬のためにやらなければならないこと】

というくくりがありますね。どうしましょう???

飼い主様ご夫婦で、愛犬の肉球をプニュプニュ!

大型犬なので、今のうちから『どこを触られても大丈夫!』

の練習をしましょうね。

 

答えは・・・簡単ですね!

【嫌だな〜というネガティブな感情を楽しいな〜というポジティブな感情】に

置換えてしまえば良いんですね。

このボール・・・プヒプヒ音がして楽しい!

とーちゃん!かーちゃん!何してんの?

ま〜楽しいからいいや!

 

主従関係を考える人達は、飼い主様と愛犬との支配関係等を口にすると

聞きますが・・・力で押さえつける!ましてや体罰を使う方法は、信頼関係を壊す

ばかりか、強すぎる抑圧は、激しい恐怖警戒反応を生むという副作用に

繋がりかねません。

 

確かに、心が毀れてしまった(表現はまずいかも知れませんが)攻撃行動には、

ここで書いた方法は通用しないかも知れませんが、そうなる前に手を打てれば、

楽しくて、簡単な方法があるんです。

 

もし、そんなお悩みをお持ちの飼い主様がいらっしゃいましたら、

【ネガティブをポジティブに・・・】そんな提案をしてくれるトレーナーさんに

相談してみてください。

一般的なレベルなら威圧・体罰は必要ありませんので・・・