JUGEMテーマ:いぬのきもち

*さて【パピートレーニング編】もいよいよ大詰めです。

 前回は『咥えている物を放す』・・・必要以上の執着心を抱かせない方法を・・・

 今回は“掃除機やドライヤー”等、『突然大きな音をだす怪獣?』への

 慣らしかたをお伝えします。

ただ今掃除中!なんですが・・・同じ格好でスヤスヤ・・・

もう少し緊張感があっても良いんじゃないですかね〜!

 

〈掃除機やドライヤーに馴れさせよう〉
*愛犬を迎えてから、結構困ってしまうのが“掃除機に向かってくる愛犬”への対処です。
 特に換毛期に毛が生え替わる犬種を迎えた場合、飼い主の悩みの種になることも・・・
 「いきなり大きな音を立てて動き回る怪物」に警戒・恐怖を感じるのは、犬として当たり前!
 なので、まだ警戒心・恐怖心が未発達な《社会化期》から“怪物”に慣らしておくことが
 賢明な策です。以下に、その手順を示していきます。
イ:掃除機を部屋に置き、その周りにオヤツを置いておきます。愛犬が寄って来てオヤツを
  食べたら『イイコ』と褒めてあげましょう。慣れてきたら、オヤツを掃除機の上に置いて
  更に、掃除機に対する警戒心を解いていきます。
ロ:置いてある掃除機に慣れてきたら、次は電源を入れずに掃除機を動かします。最初は
  チョット持ち上げて、すぐに下に降ろす。愛犬がおとなしく見ていたら『イイコ』と
  褒めてオヤツをあげましょう。徐々に動かす範囲を広げていき、最終的には電源を入れずに
  掃除機をかける仕草まで持っていきます。レベルを上げるたびに、褒め言葉とオヤツを
  忘れずに!
ハ:次はいよいよ電源を入れます。最初は掃除機を置いたまま。S/WをONにして音が出たら
  すぐにOFF!『イイコ』の褒め言葉とオヤツ!・・・徐々に掃除機を動かさない状態で、音を
  出す時間を延ばしていきます。こちらも、電源をOFFにした瞬間の褒め言葉とオヤツを忘れ
  ないように。
二:最終段階です。実際に電源を入れて掃除機を動かします。最初は短時間!焦らずに徐々に
  時間を延ばしていきます。おとなしくできている愛犬に『イイコ』の褒め言葉とオヤツを
  あげましょう。最初は頻繁に報酬を与えて、徐々に報酬を与える感覚を延ばしていきます。
  最終的には、一通り掃除が終わってから『イイコ』とオヤツで大丈夫です。
 掃除機に慣らすトレーニング方法を示しましたが、「いきなり大きな音をたてる怪物」は
 他にもいますね。特にお手入れで使うドライヤーは“音に加え風”まで。
 でも落ち着いて考えてください。ベースにある考え方は《嫌なことを嬉しいことに置換える
 (ま〜我慢を覚えてもらうことかな?)》ことです。掃除機に慣らす方法を理解すれば
 ドライヤーに慣らすトレーニングは一手間加えるだけ。風に慣らせば良いことが理解できると
 思います。このようにして、愛犬にとって様々な“嫌なこと”を“嬉しいこと”に置換える。
 人間である飼い主が知恵を絞る場面です。
『フロアモップにまとわりついて困っています』
*これは“警戒・恐怖”ではなく(その場合もありますが)、“動く物を追いかける”遊びの
 要素が強いです。実は・・・これの方が、止めるのは難しい!・・・なにせ、遊びという無邪気な
 行為ですから、一方的に叱るのも可哀想!・・・
 だったら発想の転換。「モップをかける時間は、愛犬のハウストレーニングに使う」
 ことにします。
 基本的には愛犬を「長時間ケージ内に閉じ込めておく」ことには反対の立場ですが、車での
 長時間の移動や、まさかの避難生活等を考慮すると、一定時間ハウス内で過ごすトレーニング
 は必要です。なので“モップをかける時間”は“ハウストレーニング”に使いましょう。
 モップと同時に『モップ遊びより価値の高いオヤツ』を準備して、愛犬をハウスに誘導します。
 一定時間ハウス内で落ち着いて過ごさせるために、コングの使用がお奨めです。
 愛犬をハウスに誘導出来たら、モップをかけます。この時間はハウストレーニングですから
 原則を忘れずに・・・愛犬が騒ごうが何しようが、愛犬に関心を向けないこと。
 モップかけが終わり、愛犬が興奮していない状態で解放!ハウストレーニングも終了します。

 

*いかがでしたか?これにて【パピートレーニング編】は終了になります。

 愛犬との生活に少しでも役立てて頂ければ幸いです。