いや〜暑い日が続きますね!・・・5月だというのに・・・

今年の夏はどうなっちゃうんだろう?

今から心配です。

夕方のお散歩は川沿いの草っ原で駆け回りました!

帰宅後はバタンキュー・・・

暑さに負けちゃったかな?・・・

 

さてさて・・・前回は《モーレツな来客吠え》でお悩み中の“トラマメくん”

『お母さんの言うことを聞くと良いことがある!』を分かってもらうために、

『アイコンタクト』『オスワリ』『マテ』の練習を進めてきました。

 

お母さんと“トラマメくん”の頑張りで、難なくクリア!おまけに『フセ』まで

できるようになりました。ここまで来ると、“トラマメくん”の顔つきに変化が・・・

お気づきでしたか(前回のブログ写真を参照してください)?

そうです!「自分の身は自分で守らねば!」という極度のストレス状態から

解放されつつあるんですね。

 

それでは実際に《来客吠え》を抑えるトレーニングに挑戦です!

まずは・・・《ピンポン吠え》の修正から・・・

 

『ピンポ〜ン』・・・“トラマメくん”が吠える前に・・・床にオヤツをばらまきます!

耳を後ろに倒し、尻尾は下げたままですが、モグモグモグ・・・オヤツに食いつきます。

「ハ〜イ!“トラマメくん”イイコ!」身体をナデナデ・・・褒めちぎります。

もう一回!・・・『ピンポ〜ン』・・・バラバラ(オヤツをまいた音)・・・モグモグモグ・・・

「ハーイ!イイコ!」・・・オヤツに夢中で吠えることを忘れているようです。

 

次は来客者(今回は自分が・・・)にオヤツをばらまいてもらいます。

そして次のステップは、来客者の手からオヤツをもらいます。

 

もしも吠える場面を作ってしまったら・・・前のステップに戻ってやり直し!

“成功” ⇒ “ご褒美” ⇒ “嬉しい”・・・この流れを大切に!

 

ここで“トラマメくん”に学習させたいのは・・・

『ピンポ〜ン』 ⇒ 『知らない人が来る』 ⇒『怖いから吠える』

という流れを・・・

『ピンポ〜ン』 ⇒ 『ご褒美がもらえる』 ⇒ 『嬉しい』

という流れに変えることです。

 

学習で身につけた行動は、学習で修正することができる!原則です。

もちろん、1回・2回のトレーニングで修正することは難しいのですが、

根気強く進めれば、愛犬へのストレスも少なく、無理なく修正できるはずです。

 

次は・・・『窓の外を人が通ると吠えかかる!』行動。

「ここは僕の縄張りだぞ!こっちへ来るな!ワンワンワン!」

“トラマメくん”の意図とは別に、人は通り過ぎていくわけですから

“トラマメくん”の吠える行動は、「無事に追い返した!」と成功=強化

されていくわけです。

 

今回は、“トラマメくん”の「警戒して吠える!」という行動を尊重して、

変わりに、「飼い主様の指示で吠え止む!」という行動に修正しようと思います。

 

(動き回るので、最初はリードを付けて・・・)『人が近づく』 ⇒ 『吠え始める』

飼い主様は、“トラマメくん”の正面に立ちはだかり、落ち着いた声で『ストップ!』の

指示。(“トラマメくん”が逃げないように、カラーの近くを持ちます)

“トラマメくん”からすれば???です。勢いが落ち、こちらの目を見たら・・・

すかさず、褒めます「イイコ!イイコ!ハイご褒美!」てな感じ。

 

最初は、ボディランゲージで、愛犬の行動を止める!という行為が大切なポイントです。

トレーニングを重ねると、『ストップ!』の声で、吠え止むようになります。

我が家の“ハナちゃん”“ポッキー”もこの方法で、《警戒吠え》を止めさせてます。

 

いかがでしたでしょうか?一般に『天罰方式』と言われる、【恐怖で止めさせる!】

ことに比べて時間はかかりますが、飼い主様にも愛犬にも、ストレスの少ない

トレーニング方法だと思いますが・・・

 

因みに・・・

 

トレーニング前の“トラマメくん”

恐怖と警戒で、ストレスに満ちた表情・行動が

見て取れます

 

そして・・・

トレーニング後(中)の“トラマメくん”

だいぶ柔らかい表情になったと思いませんか?

飼い主様にも・・・愛犬にも・・・

笑顔が増えますように!

 

愛犬に関する“お悩み・ご相談ごと”

まだまだ受け付けてます!

詳しくは、下記ホームページから・・・

メールでのお問い合わせ、お待ちしてます。

http://wan-one-wonderful.com

 

それでは、また・・・