心の扉を完全に閉じてしまった『太郎君』・・・

これまでに3回のトレーニングにお伺いしています。

 

ま〜トレーニングというより、今の段階は、同じ空間に一緒にいて、

言葉をかけたり、オヤツをあげたりしているだけなんですが・・・

 

先日は自分が『太郎君』の胸のあたりを手の甲で“サワサワ”軽く

触れることに成功!今回は飼い主様が『太郎君』の胸のあたりを

“サワサワ”・・・大成功です。しかも、自分が触ったときと比べ、

大きな驚きも無く、チョット落ち着いて触らせているようにも

見えました。

 

そして、何よりも、飼い主様が落ち着いて『太郎君』と

向き合えるようになりました。これが一番の成果かも?

 

これまでの間、『太郎君』案件の他にも、チョコチョコと

トレーニングの依頼を受けています。

依頼の内容は様々ですが、みんな共通しているのは

飼い主様の愛情と、それを感じている愛犬たちの姿です。

飼い主様と『オスワリ・マテ』の練習中!

来客中に、おとなしく出来るかな〜が課題です

 

良く出来ました!飼い主様に褒められて満足顔!

ピンポン・来客者への吠え行動抑制です。

 

愛犬の基本的な欲求を理解し、それを満たす!その上で

愛犬と人の間で、上手なコミュニケーションを築く・・・

その方法さへ理解できれば、一般的なお困り行動は改善に

向かいます。

 

愛犬が「やっと飼い主様に自分(愛犬)の思いが伝わった!」と

嬉しそうな安堵した表情を見せる場面。そして、よりいっそう

愛犬を愛おしく思えるようになったという飼い主様の声。

そんな場面に立ち会わせて頂くことが、無上の喜びであり、

この仕事をやって本当に良かった!と思える瞬間でもあります。

パピートレーニング終了後・・・

楽しいお散歩の練習に挑戦します!

 

はたして・・・『太郎君』と飼い主様の間にも、このような反応が

作れるのだろうか???

私にとって、初めての案件でもあり・・・

こんなスタイルで良いのだろうか?

他に有効な方法があるのでは無いか?

思い悩む日々です。

幸せそうな家族写真です。

『太郎君』に1日でも早くこんな笑顔を

出させてあげたいものです

 

このブログを読んでいただいている方で・・・

「こんな方法があるんじゃない!」

「これはダメだよ!」 等々

アドバイスを頂ければ幸いです。・・・できたら・・・よろしくお願いします。

コメント
コメントする