*今年の9月から始まった“元野犬『太郎くん』”の

 トレーニングですが・・・今回で14回目のトライとなりました。

 

 この間に生じた変化と言えば・・・

 Ю験茱好據璽垢出窓の縁から床になりました!

 (今でも出窓の縁に登りたがりますが・・・)

◆Щ瑤ぜ舁佑撫でる・抱きしめる!その行為を

 『太郎くん』が受け入れるようになりました!

:ハウスリードを装着・・・散歩用の普通のリードの装着

 それぞれのリード脱着ができるようになりました!

ハウスリードを付けられた『太郎くん』です

嫌だな〜・・・ボク・・・こんなの・・・

 

 と、言っても・・・これらは全て飼い主様が『太郎くん』に

 対してできるようになったこと。トレーナーである

 自分はと言うと・・・トホホ・・・『太郎くん』の恐怖反応が

 強く出てしまい、撫でることが精一杯です。

 

 それでも、飼い主様が『太郎くん』との信頼関係を

 築ければ良いのだから・・・これでもヨシ!としましょうね。

 

 おそらく『太郎くん』は、犬の性格を決定付ける

 “社会化期”に、人との接触は、ほぼ皆無だったのでしょう。

 人との接触は、捕獲されて輸送される段階・・・

 ただでさへ人が怖いのに、怖さに拍車がかかり・・・

 現在に至っていると思われます。

『太郎くん』・・・うちのとーちゃん・・・

とっても優しいよ・・・心を開いて・・・byハナ

 

 それでも、飼い主様との関係の変化は、大きな前進!

 『太郎くん』そして飼い主様、よく頑張りました。

 

 さて、現在最大の悩みは・・・『太郎くん』が飼い主様の手から

 オヤツを食べてくれないこと!

 手からオヤツをもらって、人の手に対する恐怖心がやわらげば、

 次のステップも見えてくるのですが・・・

 

 ところが本日・・・奇跡が起きました。

 お散歩用のリードを装着し、飼い主様がそれを持ちながら

 オヤツを床に置くと・・・パクリ!・・・すぐに食べました。

 床に置いたオヤツに、少しずつ手を近づけても・・・パクリ!

 調子に乗って、指先にオヤツ・・・パクリ!

 じゃあ、手の真ん中・・・パクリ!・・・ついでに飼い主様の手を

 ペロリ!・・・やった〜!ついに『太郎くん』が飼い主様の手から

 オヤツを食べました!!! !!! !!!

『太郎!』よろしくお願いします!

プロポーズ番組の一場面のようですが・・・

ついに『太郎くん』が飼い主様の手から

オヤツを食べた、最初のシーンです!

 

 飼い主様の手からオヤツをもらうことが『太郎くん』に

 とって、楽しいことになれば・・・リードを持って一緒に歩くこと!

 犬生初めてのお散歩も夢ではありません!

でも・・・ボクは・・・やっぱり・・・人が・・・

嫌いなんですけど・・・

 

 まだまだ時間はかかると思いますが、少しずつ少しずつ

 前を向いて頑張ろうね!『太郎』

 そして、頑張っている飼い主様の夢を叶えようね!

 

 

コメント
コメントする