今週は、本当に酷い災いの週でした。

台風15号の被害は想定を上回り、千葉県では

信じられないほどの被害が・・・心からお見舞い申し上げます。

 

こっちも酷かったですね!雷が・・・

台風が過ぎて酷暑・・・そして激しい雷雨・・・日本の気候・・・

イヤイヤ、世界の気候がどうなってしまうのか?心配です。

 

さてさて・・・お散歩についての考察も、はや8回目!

今回は、引っ張りの(プラスお困り行動)原因を探ります。

 

これまでのお散歩トレーニングで最も多かった・・・と言うより

ほぼほぼ、その原因になっていることは・・・ズバリ『社会化不足です』

必要な時期に必要な経験を積ませていなかったため、

愛犬達にとって、様々な刺激が《警戒・恐怖》の対象になってしまっています。

なので、お散歩に出かけても不安心理が働きます。

お散歩は楽しい!でも・・・不安が一杯・・・なので、チョットした刺激に対して

過剰に反応し、興奮してしまいます。

 

他のワンコへの吠え掛かり行動・車や自転車への吠え掛かり行動等は

もちろんのこと、塀に体をこすりつけながら歩いたり、匂いを嗅ぐことが

できない・・・なんてことも、不安行動の表れです。

 

こんな子達とのお散歩練習は、とにかく《愛犬にとって飼い主様が

安心できる存在であること》に注意を注ぎます。

 

リードを持つ手はリラックス!リードはユルユルの状態を(できるだけ)

キープして、前を向いて堂々とした姿勢で歩く。

まずはこの基本姿勢を学んで頂きます。

 

そして愛犬が前に行きすぎたら・・・前回お話しした4つの方法(主に,鉢◆砲

使って、愛犬を飼い主様の脇まで引き寄せます

『イイコ!上手だね!』と褒めてから『ツイテ!』の指示で脇を歩かせましょう。

上手にツイテ歩けているときも『イイコ!すごいね!』等の褒め言葉を

与えつつ、愛犬に自分の取っている行動に自信を持たせていきます。

 

愛犬が飼い主様の顔を見上げたら・・・『イイコ!』力強く、落ち着いた声で

褒めます。

とにかく、お散歩の最中に、愛犬が望ましい行動を取ったら、すぐに褒める!

褒めることを探すぐらいの勢いでお散歩の練習をしてください。

 

こんなことを繰り返すうちに、愛犬は自分の取っている行動に自信を持ち、

不安心理が薄れていきます。そして、正しい行動を示してくれる飼い主様にも

安心・信頼の感情が強くなると考えています。

 

ここまできたら、次は《他のワンコに吠え掛かっちゃう》行動抑制ですね。

次回からは、そのあたりを中心に・・・ ・・・

 

 

コメント
コメントする