いよいよ冬本番!冬になるとお日様が顔を出す時間が

短くて・・・なんか、あっという間に時間が過ぎて

やるべきことができなくなっちゃうんですよね〜

今日も・・・せわしなく・・・時間ばかりが過ぎていきます〜・・・

 

さーて・・・最近もたくさんのトレーニングご依頼で

あっちこっちと飛び回っていますが・・・

ご依頼内容も千差万別!《噛み付く》《引っ張る》《吠える》は

もちろん《パピー犬に大苦戦》のお問い合わせも・・・

体は大きくても、まだまだパピー!

大型犬のパピーは大変なんだな・・・これが・・・

 

「こんなはずじゃあなかったのに・・・」

 

よく聞かされるお言葉です・・・が・・・

ワンコの立場でよ〜く考えてみましょう!

 

全く言葉も通じない!風習も全く異なる!・・・そんな世界に突然放り

出されました。

オシッコがしたくなったので、トイレかな?と思う場所で失礼!

「〇×△※!」ボコッ!・・・意味不明の言葉で大声で怒鳴られたうえに殴られた!

1人で暇なので、テレビらしき物に触ってみた!

「〇×△※!」ボコッ!・・・意味不明の言葉で大声で怒鳴られたうえに殴られた!

こんなことが繰り返されれば・・・『ボクはいったいどうすれば良いの?』と

ストレスの塊に・・・

 

飼い主様に悪気は無くても、ワンコの立場からすると、こんなことが

たくさん起こっているんですね!

 

昔は、こんなワンコの行動に対し、「〇×△※」ボコッ!の方法で

ワンコに恐怖と痛みを通して、その行動を止めさせることが流行りました。

 

でも今は・・・そんな無茶苦茶な方法では無く、その行動が起こる原因を探り、

望ましくない行動を望ましい行動に置換える 等々の方法で

お互いの信頼・協調を大切にする方法が増えていますね。

 

それでも・・・一つのお悩みが解決した!と思ったら、また困った行動が・・・

こんなことも繰り返されます。でも、トレーナー任せでは無く、トレーナーから

その方法を勉強していれば、混乱することはありませんね。

だから、任せるトレーニングでは無く、一緒に学ぶトレーニングが必要なんですね。

 

ワンコの知能は、人間に例えると2〜3歳レベルと言われます。

もちろん人間とは違いますが・・・

その子に、どうやって様々な望ましい行動を覚えてもらえば良いのでしょう?

飼い主様のお悩みは、愛犬の一生を通して続くんですね!

お〜い!とーちゃんお仕事行ってくるぞ〜!

ハナ・・・ふ〜ん・・・そうですか

ポッキー・・・楽しい夢を見てるんだから邪魔しないで!

 

イタズラ盛りな時期から頭を悩ませ、成長期の反抗的態度に手をこまねいて・・・

アッという間に熟年期・・・正しいトレーニングを続けていても、心が安まるのは

この頃からかな〜・・・

そうすると、イタズラ盛りの賑やかさが懐かしくなり、穏やかな日常がチョット

寂しくもあり・・・

ただいま!・・・帰ってきたぞ〜・・・

ハナ・・・あっそうですか

ポッキー・・・意外と早かったじゃん!

こんな娘に育てた覚えは無いんですけど〜!

 

犬という生き物は、何とも罪作り!

そんな覚悟はお持ちですか?

 

 

 

コメント
コメントする