新年明けましておめでとうございます。

2020年が、皆様にとって幸多き年になりますよう、

心からお祈りしております。

元旦の朝は冷え込みました!

我が家の2匹は・・・あらあら・・・ヒーターの前で

暖を取っています

 

さ〜て、新年1発目のテーマは・・・

そうですね!昨年1年を振り返りつつ、2020年の抱負を

考えてみようかな〜・・・

お〜い!今年最初のお散歩だよ〜

「寒いのでお手柔らかに」byハナ・ポッキー

 

昨年のトレーニングで気になったことは、

【多頭飼いの飼い主様からのご依頼が多かった】こと

【間違ったネット情報に踊らされた飼い主様が多かった】こと

ですかね〜・・・。

 

例えば・・・複数の愛犬に対して《吠える》行動にお悩みの場合・・・

「怖い!から吠えている」場合と

「縄張りを守ろうとして吠える」場合では、理由も異なるし

対処方法も異なりますよね!

それを・・・《無駄吠え》と一言で称して、無駄吠えの多い犬には

【吠えた瞬間に大きな音で脅かす!】なんて方法や

もっと酷いと【電気ショック首輪】の装着を勧めるような情報を

信じて実行してしまう!なんて場合があります。

 

チョット待った!

愛犬達は【吠える理由が違う】し【吠えている心理状態も違う】んですよ。

怖がっている愛犬を《更に怖がらせたり》、犬として正しい反応

(縄張りを守ろうとする行動)をしている愛犬に《体罰を使って(電気

ショック首輪は体罰以外のなにものでもありません)止めさせよう》と

する行為はいかがなもんでしょうか?

 

《怖がって吠えている愛犬には》・・・【自分(飼い主様)が一緒だから

怖がる必要は無いんだよ!】ということを教え、《縄張りを守ろうとして吠えている

愛犬には》・・・【教えてくれてありがとう!もう吠えなくて大丈夫だよ!】という

ことを教えれば良いんですね。

 

でも、ここで悩みが・・・【恐怖・体罰】を使って行動を変える方法は、

方法論は間違っていても、うまくいった場合に劇的な変化が生まれる

可能性があります(副作用は無視してですが・・・)。

それに対し、【原因を取り除き教える】方法は、愛犬の一生を通して

行っていく方法なので、劇的!・・・というイメージはありません。

お散歩から帰ってきたら・・・ご飯の時間です

「うんめ〜な〜!とーちゃんご飯の腕あげたね!」

 

《吠える行動が激しすぎる》という行動修正は勿論ですが、

その行動修正を通して、《飼い主様と愛犬との関係を再構築》して、

お互いが協調して生活する方法をお伝えしていくことが

『wan!one!わんだふる』のトレーニング方針なんです。

 

なので、お伝えし、ご理解いただき、実践方法を学んでいただくのに

時間がかかってしまう・・・う〜ん・・・

それが多頭飼いだと、顕著に表れてしまった!これが昨年の課題でした。

 

今年も、基本方針は変えることはありません。でも・・・

飼い主様のご負担を減らすためにも、時間短縮は必須です。

ご飯を食べたら・・・日だまりを求めて・・・

お〜い!怠け犬達!番犬はしないのかい!

「とーちゃんがいるから安心です・・・グースカピー」

 

時間短縮のためには・・・自信のスキルアップ!が求められます。

う〜ん・・・ありきたりだけど・・・

今年の抱負は『学び!』ですね。

飼い主様と愛犬の笑顔!もっともっと増やすために『謙虚に学び続ける』

そんなことを意識した1年にしたいと思います。

 

コメント
コメントする