ビックリするほど、今年の冬は暖かいですね〜!

昨年は、朝の散歩は氷点下!なんて日がたくさんあったのに、

今年は・・・2〜3日くらい・・・この暖かさが、この後の季節に

悪影響を及ぼさないことを祈るばかりです。

 

さ〜て、こんなに暖かい冬だというのに

我が家の2匹は「散歩に行くよ〜!」と言っても・・・シラ〜・・・

「ご飯だよ〜!」と言っても・・・シラ〜・・・

「ただ今!帰ってきたよ!」と言っても・・・シラ〜・・・

前回のブログにも書きましたが、何とも無感動!・・・トホホです。

なにやら、背後から熱い視線が・・・

 

 

思い返せば、我が家の初代愛犬は、MIX犬で名前は『チロ』完全外飼い!

ネギ・タマネギの入った味噌汁をかけたご飯はもちろん、

たまに食べるすき焼きの汁なんか、最高のご馳走でした。

 

2代目は、柴犬の『茶々丸(女の子)』・・・外飼いで一度脱走したので、

それ以後は室内飼い。

夫婦共稼ぎで留守番の時間が長く、お散歩もチョットだけ・・・

今では当たり前になっている、夏・冬の室内温度管理なんて関係なし。

なので、自分で過ごしやすい場所を探して寝ていました。

 

そんな酷い飼い方でしたが・・・

「お散歩に行くよ〜!」と言えば・・・ヒャッホー!と大喜び

「ご飯だよ〜!」と言えば・・・待ってましたとばかりに大興奮

「ただ今!帰ってきたよ!」・・・と言えば、尻尾を通り越してお尻をフリフリ

しながら大歓迎してくれたものです。

要求吠えはしませんが・・・必殺!要求チョイチョイが・・・

 

同じ家庭犬で、同じ飼い主が育てたのに、なんでこんなに違うんだろう?

 

キーワードは《当たり前》《我慢》ですかね?

一度でダメなら二度・三度・・・

 

初代・2代目の時は、犬との向き合い方なんて、全て自己流!

仕事も忙しく、帰宅時間はまちまちで、お散歩もまちまち・・・

要するに・・・我慢・我慢の連続で、たまに訪れる楽しみが何倍にも

感じられたんでしょうね。

 

それに対し、今の『ハナ・ポッキー』・・・犬の勉強をっぱいして、

犬の生活ペースも考えながらの仕事作り。過度なストレスを与えない

ように、散歩も食事も考えて・・・そんな生活が当たり前になっているん

ですかね?まるでありがたみを感じませんが・・・

 

こんな贅沢が、初代・2代目に知られたら・・・怒られますね〜

ゲットしたのは、とーちゃんの膝の上!

これでこの行動は、みごとに強化されましたとさ。

 

しかし、育てる環境によって、ここまで違うワンコの性格が出来上がります。

すごいですよね!ワンコの対応力って!

この柔軟な環境への対応能力こそが、ワンコをここまでの成功者に導いた理由です。

 

人と共に生きることを選択し、人の生活環境に順応し、自らを変化させていく!

身近な出来事から、ワンコの進化を実感させてもらいました。・・・

【ワンコの進化!あっぱれ!】です。

 

 

 

コメント
コメントする