最近、こんな問い合わせが増えています。

「トレーニングって、何をするんですか?・・・」

「トレーニングって必要な事なんですか?・・・」

 

そうですね〜・・・ご依頼のほとんどは

「〇〇で困っているんですけど、治せますか?」とか、

「仔犬を迎えたんですけど、しつけってお願いできますか?」

なんですけど、その中に、トレーニングそのものについての

必要性を聞きたいという飼い主様が増えてきたのかな?・・・

 

そんな質問に自分の答えは・・・(あくまでも自分自身の考え方です)

《愛犬と飼い主様との関係を再構築(仔犬の場合は構築)し、

お互いが笑顔で生活できるようにすること。トレーナーは

そのお手伝いをします》・・・と、なります。

笑顔の写真いただきました!

ジャックラッセルテリアの女の子!

 

ちなみに・・・愛犬のお悩み行動にお困りの飼い主様にも

《愛犬と飼い主様との関係を再構築!・・・》が、主題になります。

 

「じゃあ!家の子は良い子だからトレーニングは必要ないわ!」

そうかも知れませんね!・・・でも・・・最大のポイントは・・・

《愛犬と飼い主様が【お互いに】笑顔》と言うことですよ。

一方の要求に対し、一方が我慢し続ける!のではなく、

お互いがお互いを理解し、協調・協力する!そのことで、お互いが

幸せに暮らせると考えることが重要です。

名前は『ニコちゃん』・・・お名前通り最高の笑顔です

キャバプーの女の子!

 

犬という生き物の、生得的欲求を理解出来ていますか?

その欲求を(出来うる範囲)満たすために、何が必要ですか?

愛犬の生活環境は、愛犬のストレスを最小限に抑える工夫がされていますか?

愛犬に正しく(理解出来るように)物事を伝えていますか?

愛犬のお困り行動に対して、正しく対応出来ていますか?

(体罰はダメ!逆効果!・・・制止しているつもりが、逆に煽っていることも・・・)

愛犬のストレスサインを見逃さないで!

 

そんなことをご理解いただいた上で、愛犬と飼い主様のコミュニケーションを

高める目的で、【基本動作】のトレーニングを行います。

 

細かい部分で濃淡はあるものの、概ね全てのトレーニングはここから始まります。

 

その後の具体的なお悩み行動への対応は、愛犬によって千差万別!

ご紹介が可能なら、個別の報告でお知らせしますね。

お馴染みの3ポメ兄弟です。お散歩練習の後に

はいチーズ!・・・笑顔いただきました!

 

ネットを含め、同業の中でも、トレーニングの意味・意義を様々に用いています。

そんな中で《Wan!One!わんだふる》は『愛犬も飼い主様も笑顔で・・・』

愛犬との十数年の生活が納得して遅れるように!

その手段として、トレーニングという言葉・方法を使っています。

 

 

コメント
コメントする