コロナ騒動は、感情が理論を押しつぶしている!

そんな苛立ちを感じながらも、

「こんな小市民が騒いだところでどうにもならない」と思い

平常心を意識してきましたが・・・

 

やっぱダメ!、この苛立ちを口にしないと平常心が保てない・・・

弱い人間だな〜俺って・・・

 

『大切な命を守ろう!』・・・大賛成です。どんなものより命に勝る

大切なものはありませんから。でも・・・『大切な命』って何?

コロナにかかって失われる命もしかり・・・

この自粛で会社を失い、働く場所を奪われ、生活の糧を無くし

絶望の内に失う命もしかり・・・

治安が大きく乱れ、その結果失われる命もあるかも知れません。

 

また、直接命に繋がらなくても、必要以上の恐怖を植え付けられた

ストレスに加え、自粛という言葉に縛られた精神の抑圧は、

今後生きていく上で、様々な弊害をもたらすのではないか?

 

そもそも、国の大事を考えるときに、感染症の専門家が方向を決めている

時点でおかしいでしょう。

感染症対策は、感染症の専門家が・・・

経済のことは経済の専門家が・・・

国民の精神を守るために心理学の専門家が・・・

それぞれ必要な意見を交わし、その結果、国のリーダーが

向かうべき方向性を定める。

そこにリーダーの資質が現れるんじゃあないの。

 

今は、一つの方向しか見ないから『コロナにかかったら死んじゃう』

チョットのことじゃ生活に困らない人達が『命を守る(コロナから)』と

騒ぎ立てる。

明らかな、生活弱者蔑視の姿が現れる。

 

冷静に考えて!

PCR検査が進まない・・・正確な感染者数が分らない・・・感染者は公の数字よりも

10倍以上いるのでは・・・だとしたら、コロナの致死率・・・0.2〜0.3でしょ・・・

季節性のインフルは???しかも、コロナはインフルと違って、

明確な治療薬が無い状態だよ。

 

もちろん責任感の強い医療現場等の方々の頑張りがあるから

こんな程度の致死率で済んでいるんです。

だから、医療現場に最大限感謝し、その負担を少しでも減らそう!その時間を稼ごう!

という目的での自粛に異論はありません。賛成です。

 

でも目的は【医療現場の負担を減らすため】であり

『コロナにかかったら死んじゃう!』という感情論じゃあ無いはずです。

致死率0.2〜0.3%程度の感染症のために、無駄な恐怖を煽り、国民の対立を煽り、

失わなくても良いはずの命を失うようなことがあってはならない。

 

有効な治療薬が承認されればな〜・・・あっという間に事態は好転するのにな〜

 

近い将来・・・2020年を振り返り・・・

感染症による死者が最も少なかった代わりに

自殺者数が最も多い

金銭目当ての犯罪が激増し

家庭内暴力・DV被害・いじめが急増

なんてことにならないといいな〜

 

あと・・・必要以上に潔癖症の人が増えて、出生率が著しく減少・・・

これが、日本の将来にとって、最も恐れることでは無いですか?

(あと、気候変動もね!)

しっかり考えようよ!日本人として!

 

あ〜チョットスッキリ!

 

 

 

 

コメント
コメントする