JUGEMテーマ:いぬのきもち

*前回は《パピートレーニング》のうち、最初に覚えてもらいたい

 『トイレトレーニングの基本』をお伝えしました。

 今回は、『トイレトレーニング』の最中に、飼い主様からいただいた

 幾つかのご質問と、その答えについてお伝えしていきます。

 

*《トイレトレーニング》の最後に、“こんな時はどうすればいいの?”等、の質問に対し、
 実際にお話しした事例をいくつか紹介しておきます。参考にしてください。
『コングをうまく活用するためには?』
*コングの中に食べ物を詰め、愛犬に与えれば、コングは報酬としてとても便利に使えます。
 コングの奥に入った食べ物は、簡単に取り出せないので、愛犬は舐めたり囓ったり・・・
 取り出すことに必死になり、体力・知力を使うのと同時に噛む欲求も満たされます。
 ナゼか?・・・愛犬にご飯をあげるとき“フードボール(お皿)”を使うことがほとんどですね?
 理由は?・・・分りませんね!何となく!でしょうか?・・・
 “フードボール”ではなく“コング”でご飯をあげれば、愛犬は“コング”が大好きになり、
 トイレトレーニング・ハウストレーニング・留守番トレーニング等々に大活躍します。
 目的に併せ複数の“コング”をうまく使い分けることで、トレーニングにはもちろん、愛犬の
 ストレス発散にも役立ちます。パピーの頃から、是非とも“好き”にさせたい一品です。
『トイレを失敗したらどうすれば良いの?』
*トイレトレーニングに失敗はつきものです。失敗したものをかたづける際は“落ち着いて
 黙々と処理をする”こと。慌てて「ダメじゃな〜い!」とか言いながら処理をすると、
 愛犬は「飼い主様が楽しんでいる」と勘違いしてしまう恐れがあります。また本気で叱ったり
 すると、「トイレをすると飼い主に叱られる」と学習してしまい、飼い主の見えない所で
 トイレをしてしまう可能性も・・・
 トイレの失敗には、報酬(慌てて声をかける)も罰(本気で叱る)用いません。
 あくまでも黙々と、愛犬に関心を示さずに処理しましょう(これ自体が罰になることもあり
 ます)。
『トイレシートを噛んじゃうんですけど・・・』
*トイレトレーニングで、最も多い困り事です。基本的な解決方法を言えば、愛犬の“遊びたい
 ・運動したい・噛みたい欲求を満たしてあげること”なのですが、それをやっても、中々
 うまくいかないことも事実です。
 トイレシートを噛んだら《その行動は間違っているよ!》の合図を送り、その行動を止めたら
 噛んで良いオモチャ(コング)に誘導する方法もあります。が・・・留守番時に事件も・・・
 最終手段は“トイレトレー”の活用です。最終的には無駄になること覚悟で、複数(3〜4個)
 用意して、それをトイレシートに見立ててトレーニングを行います。
『愛犬の活動スペースには要注意』
*トイレトレーニングのステップアップや、室内フリーに向けた最終段階に向かうまでの過程で、
 愛犬の活動スペースに、愛犬にとって危険なものは置かない!が鉄則です。
 特に感電事故の可能性がある、電気コードは要注意。カバーをかぶせたり、ペットフェンスで
 ガードしたり、最悪でもコンセントを抜いて通電させない等の対応をします。
 厳しいことを言えば、愛犬が噛んではいけないものを噛んでイタズラをするのは、噛んでは
 いけないものを教えられていない、もしくは、愛犬の届くところに置いてしまっている
 飼い主の責任です。
 愛犬は飼い主、飼い主家族の匂いが付いているものが大好きです。大好きなものは口に咥え
 カジカジ!その被害に遭う代表は・・・靴・スリッパ・靴下・・・“噛んではいけないもの”と
 教えるのも良いのですが、古くなったものは「愛犬にオモチャとしてあげちゃう!」という
 発想の転換もありです。
 愛犬が必死に食らいつき、バラバラにする様子に、「犬としての真の姿を見る」こともでき、
 楽しい発見にもつながります。

 

*いかがでしたか?

 《トイレトレーニング》成功の秘訣は、トイレ成功の回数を増やすことです。

 色々工夫して、楽しく成功させることも、飼い主様の腕次第ですね。

 

 次回は、《パピーのお悩み》で『トイレ』の次に多い・・・『甘噛み』に関して

 触れていきます。どうぞお楽しみに。

コメント
コメントする