JUGEMテーマ:いぬのきもち

 

*前回まで《激しい興奮》に関して説明しました。ここには愛犬に物事を

 教えるうえで重要なことが示されているのでチェックしてくださいね。

 

 今回からは、愛犬の健康管理等に必要だけど・・・愛犬にとっては嫌なこと!

 これをストレス無く受け入れさせるための方法を考えて行きます。

 

ァ4:《飼い主には“どこを触られても大丈夫”》
*愛犬の健康を維持していくためには、様々な“お手入れ”が必要になります。
 また、拾い食いやイタズラで口にしてはいけない・危険なものを口から取り上げることも
 必要だし、掃除機やドライヤーの音に過剰反応させないことも教えていきたいことです。
 飼い主(人間側)からすれば、お手入れや、危険なものを取り上げることは「愛犬のため」
 ですが、愛犬からすれば、ほぼ全てのことが嫌なことであり「なんでそんなことをするの?」
 という抗議の対象でしょう。こんな所にも、人と犬が衝突する要因があるんです。
 これらのことが深刻な事態にならないよう、仔犬の時からトレーニングを進めます。
 ポイントは・・・《嫌なことを嬉しいことに置換える(ま〜我慢を覚えてもらうかな?)》こと
 です。
〈足の裏・耳・口の中等を触っても大丈夫にする〉
*最初のトレーニングは、愛犬をいきなり小脇に抱っこしちゃいます。最初はジタバタする
 かも知れませんが、しばらくすればおとなしくなります(もちろん最初からおとなしい場合も
 あります)。おとなしくなったら、すぐに降ろして『イイコ』の褒め言葉にプラスして
 オヤツをあげます。
 ちなみに・・・「犬は抱っこされたり撫でられることが好き!」だと勘違いしている飼い主を
 多く見かけます。一般的に犬は・・・というか動物全般は“抱きかかえられる=捕獲に繋がる”
 ので苦手です。また、社会化の質・量の関係から、人の手に好意を持てない場合もあります。
 愛犬に対する愛情表現のつもりで、愛犬を抱っこしたり、「イイコだね〜!可愛いね!」と
 言って撫でていることが、愛犬にとっては“罰”になってしまっていることがあるので
 要注意です。
 さて、小脇に抱えて抱っこ ⇒ すぐに降ろして“報酬”・・・ができたら、次は・・・抱っこして
 肉球を触ってみましょう。最初は1本触ったらすぐに降ろして“報酬”・・・2本触って、降ろ
 して“報酬”・・・最終的には、4本全てをタオル等で拭く(散歩帰りをイメージ)ところまで
 持っていきます。
 肉球が拭けるようになったら、次は耳、最初は表面を触ってから降ろして“報酬”!慣れて
 きたら耳の内側も触っていきます。耳の後は目の周り・・・次は口の中、歯を触らせるトレー
 ニングを進めていきます。
 抱っこして出来るようになったら、座った状態でもできるようにします。
 ポイントになるのは、『落ち着いた心理状態(飼い主が)・堂々とした態度』で臨むこと。
 また、『一つ一つの工程を焦らずゆっくり進め、確実に報酬を与える』ことです。
 愛犬は飼い主の態度を敏感に察し、怖がる必要がない!と感じ、「嫌なことだけど我慢すれば
 良いことが起こるのね」と、学習していきます。

 

*いかがでしたか?少しは参考になっていますか?

 パピー時代には、覚えさせることがたくさんあります。でもここをうまく乗り切れば

 後は楽ちん!頑張って覚えましょう。

 

 次回は、咥えている物を上手に取り出す方法を考えて行きます。

 お楽しみに。

 

コメント
コメントする