あたい達が大好きな場所は・・・

 

川沿いの土手・・・芝生のたくさん生えた公園・・・

この間行った桜の花がたくさん咲いている公園も

楽しかったよ〜・・・

 

そうですね!いくら家庭内で過ごす時間が増えて、

野性味を失ってきたとは言え、やっぱり犬は動物です。

土・草などの足触り、匂いに包まれると元気はつらつ!

動きどころか、表情までもが生き生きしてきます。

 

自分の目には・・・春から初夏を向かえ

「緑が濃くなってきたな〜」「草が伸びてきて歩きにくい」

「菜の花の黄色が鮮やか〜」などなど、季節の移り変わりを

視覚を中心にして感じ取ります。

 

それでは犬である “ハナ・ポッキー” は、どんな風にして

季節の移り変わりを感じているのでしょうか?・・・

 

『犬の望むこと』第三弾は、犬の嗅覚という観点で

触れてみたいと思います。

まずは自分の匂いをチェックチェック!

う〜ん・・・だいぶ薄くなってきたワン!

 

クンクンクン・・・クンクンクン・・・

芝生の生い茂る公園・川沿いの土手・・・夢中になって匂いを

嗅ぎまくる “ハナ・ポッキー” チョット彼女達の目線になって

匂いの世界を想像してみたいと思います。

 

「久しぶりの公園だよ〜まずは、あたいの着けた匂いをチェック!」

「クンクンクン・・・だいぶ匂いが薄れてきたぞ・・・お印を少し・・・」

「あたいの縄張りに他のワンコの匂いが・・・」

「男の子かな?女の子かな?・・・年齢は・・・健康状態は・・・」

「クンクンクン・・・この匂いは、前に会ったことがあるぞ・・・再開のお印を・・・」

う〜ん・・・ここには男の子の匂いが・・・

あたいのお印をチョコッと!

 

「ヒャッホー!草のむせかえるような匂いは最高!」

「土の上だと走りやすいし〜」

「うん?・・・風上から菜の花の匂いに混じって、お友達の匂いが・・・」

「やっぱりいたね!元気印のワイヤーフォックステリア君だ!」

風上からお友達の匂いが・・・

クンクンクン・・・クンクンクン・・・

 

「クローバーの群生の中は・・・人の匂いも・・・」

「きっと四つ葉を探す女の子だね!その側の足の臭いはお父さんかな?」

 

「ハッ!・・・なんだこれ?・・・確か・・・かえるさんって言うんだね」

「近くの田んぼでは、稲を植える匂いが・・・そこから遊びにきたんだ!」

 

ハハハ・・・こんな感じで、自分たちが感じる季節と、彼女達(犬)が感じる

季節は違うんでしょうね・・・

なんと言っても、犬の嗅覚は人間の何百万倍(犬種によって異なるそうです)と

言われてますから、人間には想像のつかない感覚があるのでしょう。

 

犬が感じる鼻の世界。自分たちの目の世界とはずいぶん違うようです。

時間に余裕があれば、愛犬には思う存分鼻の世界を感じさせてあげたいものです。

 

自然に近い場所での散歩・十分な匂い嗅ぎ・・・ピクニック気分でおやつなんかを

持参すれば、愛犬の満足度も急上昇。

とーちゃん・・・暑い!もうお家に帰ろうよ!

ハイハイ!十分楽しんで頂けたようで・・・

 

飼い主さんが大好きな家庭犬に育ってくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする