さ〜て・・・恐る恐る『カホちゃん』と『ショウくん』を同じスペースで

生活させることに成功??? ・・・ した飼い主様 ・・・

辛うじて、ワンステップUPですね?

 

『ショウくん』は、子犬らしく「ヒャッホー遊ぼ!遊ぼ!」と天真爛漫。

『カホちゃん』は、甘やかして育てられた結果、怖いものがたくさん。

こんな2匹を、犬らしく楽しく生活させるために、どんなトレーニングをしようか?

悩みどころです。

緊張感満点!ですが、なんとか同じスペースで

生活出来るようになった『カホちゃん』と『ショウくん』です

 

『ショウくん』は、大切な “社会化” をご家族様に進めてもらいながら、

基本動作のトレーニングを・・・

『カホちゃん』にも、基本動作のトレーニングを入れながら、

“怖い事を減らす!” プラス “我慢する・諦める” ことを覚える練習を・・・

 

想定通り、『ショウくん』の基本動作トレーニングは、順調に進みます。

一方『カホちゃん』は・・・最初は警戒しながらも、オヤツの魅力に負けたようで

基本動作のトレーニングが順調に進みます。

ちなみに、基本動作のトレーニングは、動作そのものを覚えるということよりも、

トレーニングを通して、愛犬と飼い主様のコミュニケーション能力を上げる

ことが大切です。そして、トレーニングは、気楽に!楽しく!がポイント。

『ショウくん』・・・オスワリ・マテの練習中!

笑ってんのかな?それとも怒っているの?

 

問題は・・・『カホちゃん』の吠え行動!・・・警戒・恐怖・不安・・・そして要求吠え・・・

様々な要素の吠え行動が見られます。

トレーナーとして、結果を残すためには・・・強制的なトレーニングも一つの選択肢。

でも・・・恐怖・警戒・不安の吠え行動に対して、強制的なトレーニングには弊害も・・・

トレーナーとして、即効性の可能性がある強制的を選ぶか?

それとも・・・時間はかかるが、恐怖・警戒・不安なを弱めていく方法を選ぶか?

大いに悩んでいます・・・ ・・・ ・・・

 

そんな時、お母さんからメールが届きました。

「なんとか2匹が同じスペースで生活出来るように・・・『カホ』が諦めたみたいで・・・」

 

あっ!・・・とても大切なことをお母さんから教えて頂きました。

『カホちゃん』は諦めることも出来るし、我慢も出来る!

お母さんのメールで、その最も基本的なことを思い出させていただきました。

甘やかされてきたこと!社会化が不十分だったこと!から、時間はかかりますが、

やっぱり、愛犬の立場に立って、基本的な方法でトレーニングすることに決定!

 

ご依頼頂いた、トレーニングの回数では『カホちゃん』の吠え行動を大きく

改善することは出来ないと思います。でも、恐怖・警戒・不安・・・それを

弱めていけば結果的に、良い方向に向かう・・・

その旨を飼い主様ご家族にご説明して、ご理解を頂きました。

 

この仕事をしていると、どうしても急いで結果を残したい!という思いが

出てしまうのですが・・・お母さんからのメールで、間違った誘惑に乗らずに

済みました。ありがとうございます。

やっぱり、飼い主様は偉いのだ!

 

ちなみに、メールの続きで・・・

「『ショウ(ちびっこ犬)』の方が『カホ(成犬)』よりも強くなりそうで不安です!」

なんて、落ちも付いていました。

新たに購入したサーキュレーターを怖がる

『ハナちゃん』・・・カーテンに隠れながら

吠えてます!

 

さ〜どうなるでしょうか?・・・次回最終章をご期待ください。

 

 

 

コメント
コメントする