さ〜て、とってもフレンドリーで、活発な『カイト君』・・・

今日のお勉強は・・・《痛い甘噛みの抑制》と《マウンティングの抑制》です。

この二つの抑制には “軽度な罰” を使います。

ご理解ください。

 

その前に・・・基本動作のトレーニングを入れましょう。

『アイコンタクト』『ハンドターゲット』『オスワリ』『マテ』

とりあえず、これらがキチンとできれば・・・お悩みは解決に向かいます。

『オスワリ』『マテ』のトレーニング中!

さすがトイプー・・・飲み込みが早い!

 

さすが!トイプーは訓練性能が高いですね!興味津々でトレーニングに

励みます。

あっ!というまに、基本動作のルールを覚えてくれました。

でも油断大敵!基本動作の指示は、いかなる場面・いかなる場所でも

入ることが “できた!” の証です。

部屋の中だけじゃ無くて、お散歩中とか、公園に遊びに行ったときも

練習してくださいね。

楽しく!短時間がポイントですよ!

見て見て!『フセ』だって簡単に覚えちゃう!

『アイコンタクト』もバッチシです

 

それでは・・・お困りの行動修正をっと・・・

《甘噛みの抑制》は・・・噛み加減が強くなりすぎたら・・・

落ち着いた低い声で『痛い!』(軽度な罰)と伝えましょう!・・・

それでは自分が実践します・・・カプカプ(『カイト君』の甘噛みの音?)

これくらいならOK・・・ガブ!・・・(落ち着いた低い声で)『痛い!』

『カイト君』一瞬動きが止まります・・・人の顔を見て・・・ぺろり・・・

手を舐めました。こちらの意図が伝わったかな〜??? ???

 

次は飼い主様が・・・同じ方法で・・・『痛い!』

『カイト君』・・・ワン!・・・吠えました。まるで抗議をしているようです。

ハハハ・・・『カイト君』賢い!

相手をよく見て行動しています。でも安心して!

【その行動は望ましくない!】ことを、『カイト君』は理解し始めました。

あとは、飼い主様と『カイト君』とで、練習あるのみです。

《甘噛み》で怒られちゃった!

ご不満そうな『カイト君』です

 

《マウンティング》は・・・『NO!』(軽度な罰)と言って、身体を優しく持って

引き離します。それでも効果が無ければ、『NO!』と言ったあとに部屋を出て

しまいましょう。

(自分がやると・・・)『NO!』・・・(身体を持って引き離す・・・)

『カイト君』・・・キョトン・・・ほ〜ら、もう理解し始めてますよ。

 

もっと良い方法は・・・マウンティングの素振りが見られたら・・・

すかさず・・・『オスワリ』・・・『マテ』・・・の指示!

そうすれば、マウンティングそのものが出来なくなりますよね!

これを “拮抗条件付け” と言います。

マウンティング行動そのものの発現頻度を減らす!

これも立派なトレーニングです。

 

『カイト君』にとって、自分は “お父さん” 

飼い主様は、まだ ”優しいお姉さん” かな?

“お母さん” になれるように頑張りましょうね!

 

それでは、次回・・・お悩み事の本丸!

『お散歩のトレーニング』で、お会いしましょう・・・

 

コメント
コメントする