いや〜台風24号・・・凄い風でしたね!

凄い風で家が揺れました!

幸いなことに、大きな被害は報告されていませんが、

度重なる台風・驚くほどの豪雨・そして大きな地震・・・

なにか、傲慢な人間に自然が怒っている!

そんな風に感じてしまいます。

みなさん!もっと自然に優しくなりましょう!

もちろん・・・私達・・・ワンコにも優しくね!

 

さてさて・・・心の扉を閉ざしたままの『太郎君』

私は週に1回の訪問で、飼い主様にアドバイスを行っている程度

なのですが・・・

『太郎君』と飼い主様の間に微妙な変化が・・・

 

変化その А攣瑤ぜ舁佑、落ち着いて『太郎君』を撫でられる

  ようになりました】

変化その◆А攷事に工夫をしたら、飼い主様の前で『太郎君』が

  ご飯を食べました】

 

な〜んだ!そんなこと!・・・そう言わないで!

人間に対し、驚くほどの警戒・恐怖心を抱き、飼い主様に

引き取られてから1年以上、まともに向き合うことができなかった

子です。

それが、飼い主様に撫でられても、平気でいられたり(多少警戒は

しますが)、ましてや、人の居る場所で(この場合は飼い主様限定

ですが)ご飯を食べるなんて・・・『太郎君』からしたら

すごい変化だと思うんです。

そして、飼い主様も頑張って、飼い主らしく振る舞えるようにも

なってきたし!・・・

まだ・・・こんな状態ですけど・・・少しずつ変化が

見られるようになりました。

左手前が、同居猫の『さんちゃん』です。

 

次は、そのご飯を飼い主様の手から食べてくれると嬉しいですね!

『太郎君』には、人の手は怖いものではない!特に飼い主様の手は

『太郎君』に喜びを運んできてくれる!

そんな風に、印象を変えられたら・・・すごい前進です。

 

ただ今、別のトレーニングを受けているワンコ達!

そして近所の幸せそうなワンコ達!

そういった子達と触れ合っていると・・・1日でも早く『太郎君』が

人を信じられるようになり、この子達のような笑顔を取り戻して欲しい!

そう思うばかりです。

『ポッキー』と一緒に移っているのは

近所のお友達『チロル君』

「フセ!・マテ!」で、寄り添った写真を撮れました!

ワンコの笑顔・・・最高です!

 

心の扉を完全に閉じてしまった『太郎君』・・・

これまでに3回のトレーニングにお伺いしています。

 

ま〜トレーニングというより、今の段階は、同じ空間に一緒にいて、

言葉をかけたり、オヤツをあげたりしているだけなんですが・・・

 

先日は自分が『太郎君』の胸のあたりを手の甲で“サワサワ”軽く

触れることに成功!今回は飼い主様が『太郎君』の胸のあたりを

“サワサワ”・・・大成功です。しかも、自分が触ったときと比べ、

大きな驚きも無く、チョット落ち着いて触らせているようにも

見えました。

 

そして、何よりも、飼い主様が落ち着いて『太郎君』と

向き合えるようになりました。これが一番の成果かも?

 

これまでの間、『太郎君』案件の他にも、チョコチョコと

トレーニングの依頼を受けています。

依頼の内容は様々ですが、みんな共通しているのは

飼い主様の愛情と、それを感じている愛犬たちの姿です。

飼い主様と『オスワリ・マテ』の練習中!

来客中に、おとなしく出来るかな〜が課題です

 

良く出来ました!飼い主様に褒められて満足顔!

ピンポン・来客者への吠え行動抑制です。

 

愛犬の基本的な欲求を理解し、それを満たす!その上で

愛犬と人の間で、上手なコミュニケーションを築く・・・

その方法さへ理解できれば、一般的なお困り行動は改善に

向かいます。

 

愛犬が「やっと飼い主様に自分(愛犬)の思いが伝わった!」と

嬉しそうな安堵した表情を見せる場面。そして、よりいっそう

愛犬を愛おしく思えるようになったという飼い主様の声。

そんな場面に立ち会わせて頂くことが、無上の喜びであり、

この仕事をやって本当に良かった!と思える瞬間でもあります。

パピートレーニング終了後・・・

楽しいお散歩の練習に挑戦します!

 

はたして・・・『太郎君』と飼い主様の間にも、このような反応が

作れるのだろうか???

私にとって、初めての案件でもあり・・・

こんなスタイルで良いのだろうか?

他に有効な方法があるのでは無いか?

思い悩む日々です。

幸せそうな家族写真です。

『太郎君』に1日でも早くこんな笑顔を

出させてあげたいものです

 

このブログを読んでいただいている方で・・・

「こんな方法があるんじゃない!」

「これはダメだよ!」 等々

アドバイスを頂ければ幸いです。・・・できたら・・・よろしくお願いします。

心の扉を閉じてしまった、元野犬の『太郎君』・・・

前回は、飼い主様宅の愛猫2匹の力を借りて様子を見ましたが・・・

飼い主様の心の動揺が激しく・・・まずは、飼い主様が“どっしり”

構えないとね!

 

さて、今回は・・・前回同様2匹の愛猫さん達の力も借りつつ、

飼い主様にもリラックスした状態で、『太郎君』と対面してもらおうと

考えました。

コンビニで買ってきた、お菓子とコーヒーを持ち、『太郎君』の

部屋へレッツゴー!

おっと!何も言わないのに、2匹の愛猫さん達も着いてきてくれました。

ありがとう!今日こそ、『太郎君』に近づこうね!

『太郎君』のトレーニングに協力的な

『アスカ君』です!

 

何事も無かったかのように・・・『太郎君』の部屋に入ると・・・

プチパニックなのか?『太郎君』は、出窓の縁を行ったり来たり・・・

背中を丸め、尻尾を股に挟み込むように、不安・恐怖の信号が一杯です。

 

『太郎君』の不安を無視するかのように・・・「イスに座ってコーヒーでも

飲みましょう!美味しいお菓子でも食べながら、我々がリラックスする

ことが大切です!」と、アドバイス。

すると・・・ヒラリ!今回も愛猫『アスカ君』が出窓の縁に飛び乗りました。

慌てた『太郎君』は、『アスカ君』と反対側で座って固まります。

『太郎君』と『アスカ君』のご対面シーン!

『太郎君』の緊張が伝わってきますね

 

前回は、このシチュエーションで、不安一杯になった飼い主様!

今回は、落ち着いて見守っています。

「そうです!世の中は、そんなに怖いものは無いよ!」ということを

『太郎君』に教えてあげましょう。飼い主様・・・一歩前進です。

もう1匹の愛猫『サンちゃん』・・・『太郎君』の

ケージに入って一休み!あんたも協力しなさい!

 

その後、飼い主様が用事で1階に降りた隙に・・・我が家の愛犬『ハナ』『ポッキー』

のために作ったスープを『太郎君』の前に差し出しました。

動きを見せないので・・・背中を見せて、元の場所に戻ると・・・

“ペロリ”『太郎君』がスープを食べました。

次は・・・スープを置いて、背中を見せただけで“ペロリ!”・・・よ〜し!良いぞ!

 

今度は、レバーを使った手作りおやつ・・・あれ?全く反応しません・・・

他のワンコには大人気商品なのに・・・

『太郎君』・・・意外とグルメなのかな?

 

席に戻った飼い主様に報告!

そして、チョット調子に乗って・・・『太郎君』に近づきます。

手の臭いを嗅いでもらって・・・胸のあたりを手の甲で“サワサワ!”

ビックン!『太郎君』・・・超驚きの反応・・・

でも唸るでも無く、吠えるでも無く・・・もちろん噛みつきもしません。

 

やった〜!『太郎君』に初めて触ったぞ!

嬉しさ満点ですが、『太郎君』にとっては、心地よい体験では無いので

すぐに終了!

 

ふ〜!今日は「飼い主様に落ち着きが見えたこと!」そして「僅かな

時間でも『太郎君』に触れることができたこと」・・・これを成果としましょう!

掃除機で抜け毛を処理中の『ハナちゃん』

かーちゃん!くすぐったいよ〜・・・

な〜・・・世の中そんなに怖いものなんて

ないのにね〜!

 

今度は、どこまでいけるかな?・・・それじゃ次回をお楽しみに!

さ〜て・・・極度の人間不信と、ストレスで完全に心の扉を

閉じてしまった『太郎君』・・・

他のワンコには大好評!・・・のオヤツを『太郎君』の側に

置いても、全く無反応・・・

う〜ん・・・困った・・・

 

極度の人間不信・・・ならば・・・人間以外ならどうだろう?

幸い、飼い主様宅には2匹のニャンコさんがいます。

『太郎君』の部屋の扉を開放すれば・・・ニャンコさんが

入ってくれるのでは???・・・早速挑戦。

『太郎君』にとっては、ここが一番安心できる

場所になってしまっているようです。

 

今回挑戦してくれたのは、男の子の『アスカ君』。

部屋に入ってくると、『太郎君』のトイレをチェックチェック!

そして・・・ゆっくり・・・ゆっくり・・・『太郎君』のいる出窓の縁へ

“ジャンプ!”・・・『太郎君』は慌てて反対側の縁へ移動・・・

すると・・・『アスカ君』は『太郎君』が居た場所をクンクンクン・・・

そして身体をスリスリ・・・自分の匂いを残してます。

そしてそして・・・ソロ〜リ・・・ソロ〜リ・・・と『太郎君』に

近づきます。『太郎君』は・・・『アスカ君』と視線を外し

座って固まったまま・・・

 

そんな時、飼い主様は・・・「怖い!・・・『アスカ』が『太郎』に

かみ殺されちゃう!」・・・と、超負のオーラを発しまくり・・・

「大丈夫ですよ!どう見ても猫の方が動きが速いですから!

危険を察知したら逃げられます」と言っても・・・

「でも・・・『アスカ』はおっとりさんだから・・・」

 

ハハハ・・・参ったな〜・・・飼い主様がそんなに怖がっていたら

『太郎君』の恐怖心を肯定してしまいます。

そうなんです。こんな時こそ、飼い主様は堂々とした態度で

怖がる必要が無いことを『太郎君』に伝えないと・・・

 

しばらくすると、興味を失ったのか『アスカ君』はヒラリと

床に舞い降り・・・もう1匹のニャンコさんは・・・というと・・・

『太郎君』より、見慣れないオッサン(自分のこと)に興味津々・・・

オッサンの足下でスリスリしながら、撫でられてご満悦でした。

 

はい!ニャンコさん達ご苦労さん。今日のお仕事は終了!

ということで退場してもらい・・・

『太郎君』・飼い主様・オッサンの1匹と2人で根比べ合戦です。

帰り際・・・驚いたのか?床に飛び降りました。

しばらくこの姿勢をキープ!顔だけこちらに

向けました。最初の頃より少〜しだけ・・・

穏やかな表情に???

 

我が家の2匹のために作った手作りレシピのスープを『太郎君』の

足下に置くと・・・警戒しながらも・・・ペロ!・・・食べました。

1歩前進かな??? ???

 

今日わかったことは・・・『太郎君』は決して攻撃的な犬ではないこと。

それと・・・飼い主様の修行が必要な事!

この2点かな・・・

 

さ〜て、次回・・・半歩でも1歩でも前進できるように頑張るぞ〜!

1日も早く・・・『太郎君』にも、こんな笑顔を

出させてあげたいものです

 

 

8月某日10:30頃・・・携帯に着信が・・・

「もしもし・・・ホームページを見ているんですが・・・」

「トレーニングのご相談ですか?ありがとうございます」

と・・・ここまでは日常の出来事・・・

でも、何か・・・電話の主は不安そうで落ち着きがありません・・・

「実は・・・1年ほど前に山口県で保護された野犬を譲り受けたのですが・・・」

ナルホド!元野犬か!・・・そりゃ大変だろうな・・・なんて思っていたら・・・

「これまで、トレーナーさんに7件ほど依頼しているんですが・・・

全て断られてしまって・・・どうしたらよいのか?・・・」

 

ハハハ(汗)野犬を譲り受けた・・・そのようなトレーニング・・・実は私も

未経験。依頼主様のご期待に添う結果が出せるかどうか?

安易に“お任せください!”とは言えませんが、お困りのようなので、

結果が出せない可能性もお話しした上で、依頼を受けさせて頂きました。

 

実は・・・このブログ・・・現在進行形です。

どのような結末になるのか?見当も付きません。

が・・・あまりにも特殊な依頼のため、記録に残そうと書き始めました。

 

9月某日・・・カウンセリングにお伺いしました。

まずは、愛犬の様子と生活環境を拝見・・・出窓の縁に張り付いて

そこから降りません。唸るでも無く、吠えるでも無く・・・ただただ

不安そうにウロウロするばかりの中型犬がいました。

「『太郎』は、ほとんどこの部屋から出ません」と、飼い主様・・・

ここでは落ち着いてお話しが聞けないので、リビングに場所を

移し、聞き取り開始です。

 

必要な情報を一通り聞いた上で・・・

「ナゼ、他のトレーナーさんからはお断りされたんですか」と質問

「元野犬だから危ない!と・・・」

「えっ?危ないから・・・変ですね〜危ないからこそのトレーニングなのに・・・」

「あなたには飼えない!他の譲り先を探すべき・・・とも言われ・・・

 あなたも、同居している猫も襲われるかも・・・なんて注意も受けました」

 

確かに・・・こちらの飼い主様は“ご自身で犬を飼うのは初めて”とのこと。

初めての犬が“元ヤンキー?”・・・じゃない“元野犬”では、そりゃハードルは

高すぎます。その無謀さは、正直にお伝えしました。

でも他の譲り先・・・って・・・『太郎君』は殺処分寸前で飼い主様に救われたワンコ。

それを・・・そんな・・・惨いアドバイスは・・・

飼い主様も『太郎君』を手放したくはない!との意向。

 

「わかりました!結果が残せるかどうかは別にして、全力で立ち向かわせて

いただきます!」

 

改めて『太郎君』の部屋へ・・・

 

この先の報告は次回以後・・・カメラを向けると恐怖心を煽るので、写真もなし!

どんなことになるのやら・・・自分自身・・・不安と期待で一杯です(不安8割ですが・・・)。

 

さ〜て!飼い主様がお困りの『痛い甘噛み』『マウンティング行動』に

関しては、賢い『カイト君』は一定の理解を示し始めました。

でも、実は・・・こんなトレーニングよりも、良い改善方法が・・・

それは・・・【楽しいお散歩で、愛犬の欲求を満たす】ことです。

 

よく「小型犬なので、お散歩はあまり必要ありません!」なんてこと

聞きますが、あれ・・・全くのデタラメ!

全てのワンコには、質の良いお散歩が必要です。そしてそれは、お困り行動

改善の基本にもなります。

小型犬だって、たくさんの刺激が必要です!

暑さに負けず元気な『ポッキー』です。

 

『カイト君』の場合は・・・飼い主様は “お散歩をたくさん楽しみたい” のに

決まった場所まで行くと『カイト君』が帰ろうとしてしまう!・・・というお悩み。

どんな状態かな?早速・・・現場を拝見しましょう。

 

7ヶ月の若犬らしく・・・色々な匂いに興味津々!楽しそうにお散歩を始めました。

しばらく歩くと・・・「ワンワンワン!」近くの家から犬の鳴き声・・・

声からすると、チョット大きめのワンコかな?

すると・・・『カイト君』の動きがピタッ!と止まります。

「ここに来ると、止まって、Uターンしちゃうんです」と、飼い主様。

 

『カイト君』には、この近辺で怖い経験があるのかな?ボディランゲージでも

不安・警戒の信号が見えています。

それと・・・実はもう一つ!大切な理由が・・・

それは・・・飼い主様自身が、ここに来ると不安になっていることです。

『カイト君』自身も不安・・・それに増して、飼い主様もここに来ると

『カイト君』が歩かなくなっちゃう!という不安。それが重なって、

『カイト君』の不安は確信的なものになっちゃう!というわけです。

 

飼い主様からリードを拝借・・・

背筋を伸ばし(自信満々に)、リードを持つ手はリラックス!

「『カイト』行くよ!」・・・

あ〜ら不思議?多少不安な素振りを見せながらも『カイト君』は歩き

始めます。「よ〜し!イイコ!」オヤツをあげて、たくさん褒めます。

楽しい経験を一杯積んで・・・

飼い主の落ち着きは、愛犬の落ち着きにつながります。

『ハナちゃん』の笑顔が満開です

 

こうやって、不安・警戒心理を・・・嬉しい・楽しいに置換えていけばOKです。

なので、飼い主様が不安がらないこと。いつでも堂々と威厳を持って!

ワンコは、人間の行動観察の天才!飼い主様の不安なんてすぐに見抜かれて

しまいますからね。

 

その後、数回の練習で飼い主様の振る舞いも大きな変化が・・・

それに合せ、『カイト君』も安心して楽しくお散歩ができるようになりました。

途中 “たばこを咥えちゃう” という問題も “NO!(軽度な罰)” でクリア!

たっぷりのお散歩で・・・

笑顔が満開の『カイト君』

だいぶ落ち着きもでてきましたね!

 

『カイト君』・・・無事に卒業です。

そして何よりも【飼い主様が堂々と、落ち着いた態度】に・・・

《お友達卒業!お母さんになるぞ大作戦・・・》見事大成功!

 

飼い主様!『カイト君』!お疲れ様でした。

これからも、一緒の時間を楽しく過ごしてくださいね!

 

終了!・・・です。

さ〜て、とってもフレンドリーで、活発な『カイト君』・・・

今日のお勉強は・・・《痛い甘噛みの抑制》と《マウンティングの抑制》です。

この二つの抑制には “軽度な罰” を使います。

ご理解ください。

 

その前に・・・基本動作のトレーニングを入れましょう。

『アイコンタクト』『ハンドターゲット』『オスワリ』『マテ』

とりあえず、これらがキチンとできれば・・・お悩みは解決に向かいます。

『オスワリ』『マテ』のトレーニング中!

さすがトイプー・・・飲み込みが早い!

 

さすが!トイプーは訓練性能が高いですね!興味津々でトレーニングに

励みます。

あっ!というまに、基本動作のルールを覚えてくれました。

でも油断大敵!基本動作の指示は、いかなる場面・いかなる場所でも

入ることが “できた!” の証です。

部屋の中だけじゃ無くて、お散歩中とか、公園に遊びに行ったときも

練習してくださいね。

楽しく!短時間がポイントですよ!

見て見て!『フセ』だって簡単に覚えちゃう!

『アイコンタクト』もバッチシです

 

それでは・・・お困りの行動修正をっと・・・

《甘噛みの抑制》は・・・噛み加減が強くなりすぎたら・・・

落ち着いた低い声で『痛い!』(軽度な罰)と伝えましょう!・・・

それでは自分が実践します・・・カプカプ(『カイト君』の甘噛みの音?)

これくらいならOK・・・ガブ!・・・(落ち着いた低い声で)『痛い!』

『カイト君』一瞬動きが止まります・・・人の顔を見て・・・ぺろり・・・

手を舐めました。こちらの意図が伝わったかな〜??? ???

 

次は飼い主様が・・・同じ方法で・・・『痛い!』

『カイト君』・・・ワン!・・・吠えました。まるで抗議をしているようです。

ハハハ・・・『カイト君』賢い!

相手をよく見て行動しています。でも安心して!

【その行動は望ましくない!】ことを、『カイト君』は理解し始めました。

あとは、飼い主様と『カイト君』とで、練習あるのみです。

《甘噛み》で怒られちゃった!

ご不満そうな『カイト君』です

 

《マウンティング》は・・・『NO!』(軽度な罰)と言って、身体を優しく持って

引き離します。それでも効果が無ければ、『NO!』と言ったあとに部屋を出て

しまいましょう。

(自分がやると・・・)『NO!』・・・(身体を持って引き離す・・・)

『カイト君』・・・キョトン・・・ほ〜ら、もう理解し始めてますよ。

 

もっと良い方法は・・・マウンティングの素振りが見られたら・・・

すかさず・・・『オスワリ』・・・『マテ』・・・の指示!

そうすれば、マウンティングそのものが出来なくなりますよね!

これを “拮抗条件付け” と言います。

マウンティング行動そのものの発現頻度を減らす!

これも立派なトレーニングです。

 

『カイト君』にとって、自分は “お父さん” 

飼い主様は、まだ ”優しいお姉さん” かな?

“お母さん” になれるように頑張りましょうね!

 

それでは、次回・・・お悩み事の本丸!

『お散歩のトレーニング』で、お会いしましょう・・・

 

ホームページに乗っている 我が家の愛犬『ポッキー』効果でしょうか?

《ブラックトイプー》のトレーニング依頼が、またありました。

『ポッキー』は “招き猫” ならぬ “招き犬” ・・・かな?

なにはともあれ、感謝感謝です。

招き猫・・・ならぬ 招き犬?・・・の『ポッキー』

暑さに負けず、頑張ってま〜す!

 

さて今回ご紹介するのは・・・

生後7ヶ月・・・ブラックトイプーの男の子『カイト君』です。

実は『カイト君』・・・約4ヶ月前に【お試しトレーニング】を受けて頂き、

飼い主様には、社会化の大切さに加え、ワンコとの基本的な向き合い方を

お伝えしていました。

 

飼い主様の頑張りで、社会化も進み、人も犬もウエルカムな

明るい子に育っています・・・が・・・

「お散歩の途中で、決まった場所に来ると、すぐに家に戻りたがる」

「外では良い子でも、家に帰ると興奮がすごくて・・・甘噛みは痛いし・・・

マウンティングは激しいし・・・」

「抱っこしても嬉しそうじゃないし・・・『カイト』には何か不満が

あるのかな?」

なんて言う・・・新たなお悩みが・・・

 

早速ご自宅にお伺いして行動観察をっと・・・

『カイト君』は、すごいウエルカム状態!

飼い主様いわく・・・「『カイト』は先生のことが大好きなんです!」

ヒャー嬉しいな!『カイト君』ありがとう!

今回の生徒!『カイト君』

ブラックトイプー最大の欠点は・・・

写真写りが悪いこと・・・

実物はもっと愛らしいのに!・・・

 

飼い主様は、比較的おっとりした若い女性です。

『カイト君』のことが可愛くて可愛くてしかたがない・・・

目の中に入れても痛くないぞ!・・・状態でした。

いろいろなお話しを聞きながら・・・お困り行動の原因を探ります!

 

ハイ!わかりました!・・・

「飼い主様と『カイト君』は、とっても仲の良いお友達ですね!」

悪いことじゃ無いんですけど・・・

「飼い主様がもう少し、リーダーとしての威厳を身につけましょう!」

 

あれっ?飼い主と愛犬の間に主従関係は必要無い!って言ってませんでした?

そうですよ!

じゃあ・・・リーダーって何?

 

自分が使うリーダーという意味は・・・力や威圧感等で作る “主・従” の

関係ではありません。

愛犬が人間社会で、安全に安心して生きていくためのルールを教える・・・

いわゆる “リードする役割” という意味のリーダーです。

 

もうチョット分かりやすく言うと・・・

「小さい頃・・・お母さんから愛情たっぷりに、色々なことを教わって

来たでしょ!愛犬を育てるのもそれと一緒!」

「ただ、人と犬ではコミュニケーションの取り方が異なるので、

それをこれから勉強していきましょう!」

 

ハ〜イ!わかりました!頑張ります!

 

今回のトレーニング方針は・・・

【お友達卒業!お母さんになるぞ!大作戦】に決定です!

 

これから約1ヶ月半程度のお勉強!一緒に頑張りましょう!

あの〜私のこと忘れてませんか?

最近自己主張が増えてきた『ハナ』と申します。

 

それじゃ!・・・次回

 

 

思いの外順調に基本動作のトレーニングは進んでます。

「オヤツが無いと・・・うまくできないんです!」なんて

お悩みは、ちょっとほっといて・・・

『カホちゃん』『ショウくん』が、やる気になる

シチュエーションを飼い主様が作る!まずは、ここ!

指示と動作が定着すれば、オヤツを減らしても大丈夫!

トレーニングを “一緒に遊ぶ!” と捉えられるように楽しみましょう!

トレーニング写真・・・撮るの忘れちゃった!

でも『カホちゃん』の顔が少し穏やかに・・・

 

さーて、そうなると残りの問題は・・・『カホちゃん』の吠え行動!

特に、玄関先の人の気配・ピンポン吠え・・・これが激しい!

吠える理由は・・・縄張りに知らないやつが来た!誰だ!お前!来るな!

「ワンワンギャン!〇×△※」てな感じで、不安・恐怖からくる

お決まりの吠え行動です。

 

一つの方法として、環境を変える!こともあるのですが・・・

リビングから玄関先が丸見えの環境は変えようが無く・・・

犬の聴覚は、とても敏感なので・・・ごまかしきれないし・・・

 

しょうがない!『カホちゃん』の不安・恐怖反応を・・・

“知らない人・ピンポンが鳴る” ⇒ “嬉しいことが起こる”

というように上書きして変えてしまいましょう!・・・

 

そうと決まれば早速練習をっと・・・

オヤツを囓らせて・・・ピンポン!・・・(吠えさせないように)「良い子!オヤツ」

ピンポン・・・と同時に(吠えさせないように)「良い子!オヤツ」

ピンポン・・・一拍おいて(吠えさせないように)「良い子!オヤツ」

我が家の『ハナ』『ポッキー』

ピンポン吠え抑制のトレーニング写真

まずは、ピンポンがなったら、所定の場所に

おやつをばらまいて・・・っと・・・

 

次は、ワンランクレベルアップ

ピンポン・・・「オスワリ」・・・「良い子!オヤツ」

ピンポン・・・「オスワリ・マテ」・・・一瞬立ち上がり、すぐに座る・・・「良い子!オヤツ」

ピンポン・・・「オスワリ・マテ」・・・玄関に一歩向かい、すぐに戻る・・・「良い子!オヤツ」

ピンポン!オヤツがたくさん!・・・

ピンポンを良いイメージに変換中・・・

 

根気強く進めていきます。

 

玄関先の人の気配に対しても、同じ要領で練習です。

飼い主様が必死になりすぎたり、緊張すると『カホちゃん』にも不安が

移ります。リラックスして、楽しんで!・・・失敗しても、次頑張れば良いじゃん!

どうやら、お嬢さんが一番上手に『カホちゃん』を誘導していました。

お父さん!・お母さん!お嬢さんをお手本に、力を抜いて頑張りましょうね!

ピンポンが鳴ったら、所定の位置でオスワリです!

ハ〜イ!良く出来ました。

 

そういえば・・・リラックスポジションも・・・お母さんは『無理〜』と言っていたのに

もう一人のお嬢さんが・・・軽々と・・・出来ちゃいましたね!・・・ハハハ・・・

 

実は・・・『ショウくん』が食糞を・・・

    『カホちゃん』のブラッシングができなくて・・・

    『ショウくん』お散歩で歩かなくなっちゃうんです・・・ets・・・ets

 

「次から次へと、悩み事がつきなくて・・・」と、お母さん。

 

そうですね!愛犬と生活を共にする!ということは、子育てと同じかも知れません。

でも大丈夫!こんなに立派なお嬢さんを二人も育ててきたのですから。

これまでのお話しで、愛犬との向き合い方も勉強してきましたよね!

お父さん!・お母さん!自信を持って『カホちゃん』『ショウくん』を

育ててください。そして、愛犬との生活を心から楽しんでください。

 

今回も、とっても素敵なご家族と楽しい時間を共有させて頂きました。

感謝・感謝です。何かあったら、また連絡くださいね!

 

それじゃ!また次回。

 

 

 

さ〜て・・・恐る恐る『カホちゃん』と『ショウくん』を同じスペースで

生活させることに成功??? ・・・ した飼い主様 ・・・

辛うじて、ワンステップUPですね?

 

『ショウくん』は、子犬らしく「ヒャッホー遊ぼ!遊ぼ!」と天真爛漫。

『カホちゃん』は、甘やかして育てられた結果、怖いものがたくさん。

こんな2匹を、犬らしく楽しく生活させるために、どんなトレーニングをしようか?

悩みどころです。

緊張感満点!ですが、なんとか同じスペースで

生活出来るようになった『カホちゃん』と『ショウくん』です

 

『ショウくん』は、大切な “社会化” をご家族様に進めてもらいながら、

基本動作のトレーニングを・・・

『カホちゃん』にも、基本動作のトレーニングを入れながら、

“怖い事を減らす!” プラス “我慢する・諦める” ことを覚える練習を・・・

 

想定通り、『ショウくん』の基本動作トレーニングは、順調に進みます。

一方『カホちゃん』は・・・最初は警戒しながらも、オヤツの魅力に負けたようで

基本動作のトレーニングが順調に進みます。

ちなみに、基本動作のトレーニングは、動作そのものを覚えるということよりも、

トレーニングを通して、愛犬と飼い主様のコミュニケーション能力を上げる

ことが大切です。そして、トレーニングは、気楽に!楽しく!がポイント。

『ショウくん』・・・オスワリ・マテの練習中!

笑ってんのかな?それとも怒っているの?

 

問題は・・・『カホちゃん』の吠え行動!・・・警戒・恐怖・不安・・・そして要求吠え・・・

様々な要素の吠え行動が見られます。

トレーナーとして、結果を残すためには・・・強制的なトレーニングも一つの選択肢。

でも・・・恐怖・警戒・不安の吠え行動に対して、強制的なトレーニングには弊害も・・・

トレーナーとして、即効性の可能性がある強制的を選ぶか?

それとも・・・時間はかかるが、恐怖・警戒・不安なを弱めていく方法を選ぶか?

大いに悩んでいます・・・ ・・・ ・・・

 

そんな時、お母さんからメールが届きました。

「なんとか2匹が同じスペースで生活出来るように・・・『カホ』が諦めたみたいで・・・」

 

あっ!・・・とても大切なことをお母さんから教えて頂きました。

『カホちゃん』は諦めることも出来るし、我慢も出来る!

お母さんのメールで、その最も基本的なことを思い出させていただきました。

甘やかされてきたこと!社会化が不十分だったこと!から、時間はかかりますが、

やっぱり、愛犬の立場に立って、基本的な方法でトレーニングすることに決定!

 

ご依頼頂いた、トレーニングの回数では『カホちゃん』の吠え行動を大きく

改善することは出来ないと思います。でも、恐怖・警戒・不安・・・それを

弱めていけば結果的に、良い方向に向かう・・・

その旨を飼い主様ご家族にご説明して、ご理解を頂きました。

 

この仕事をしていると、どうしても急いで結果を残したい!という思いが

出てしまうのですが・・・お母さんからのメールで、間違った誘惑に乗らずに

済みました。ありがとうございます。

やっぱり、飼い主様は偉いのだ!

 

ちなみに、メールの続きで・・・

「『ショウ(ちびっこ犬)』の方が『カホ(成犬)』よりも強くなりそうで不安です!」

なんて、落ちも付いていました。

新たに購入したサーキュレーターを怖がる

『ハナちゃん』・・・カーテンに隠れながら

吠えてます!

 

さ〜どうなるでしょうか?・・・次回最終章をご期待ください。